ユダヤ人大富豪の教え 2 ニュージーランド 建築会社 

  • Japan Homes on TradeMe
  • Japan Homes on Facebook
  • Japan Homes on LinkedIn
ユダヤ人大富豪の教え 2
スピーチの天才になる>
成功者はスピーチもうまい
秘訣は自分の感情を相手に伝えることがうまい→商品の特性などを伝えることがうまい。
コミュニケーション能力を上げる。
今日が最後の日と思って、最高のエネルギーをだして、スピーチに望む。
話は下手でもいいが、感情をこめて話すことが大切。
いろいろと発している言葉、考えていることが未来を作るのでとにかく紙に書くことは大切。
成功者は感謝、思いやり、サポートすることなどを好きである。
人脈を使いこなす>
異業種交流会などでは、コネクター(色々な人をつなぐのがうまい人を探す)
えばっている人は自慢話を聞かせて終わり。。。
人脈にもレベルがあるので、大体同じようなレベルの人と固まってしまう。
成長したければ格上の人の仲間に入る。
1人の知人には300人の知人がいる
知人の知人は 90000人
知人の知人の知人は27000000人いる
上記を理解すると口コミがより大切な時代で大いに役に立つ情報である。
とくに商売をしている人には使った商品を広めてもらうためにも知人、知人、知人を大切にする。
ニュージーランドではどういう計算になるのかな???
理論があっているのか、結構知人の知人がつながっているので本当にいい加減なことはできない。
お金の法則>
お金にはルールがある
理性と感性(健康的)に使う
金持ちになるには
稼ぐ力、勇気、人間性、計算力、など基本的な資質があればいい。
しかし、お金は汚いものなどと教わっているのが現実。
そのために、間違った考えをしていることがある。
しかし、上記のように理性と感性を持ってお金を使えば誰も不幸にはならないし、
多くのひとを助けることができる。
お金を得るには
1、稼ぐ
2、賢く使う(使うときと使わないときを見極める)
3、守る(税務署、奥さん、友人、詐欺師より)
4、投資する(通常の労働だけでは大金持ちにはなれない)
5、分かち合う(多くの人の役に立つような使い方)
上記のステップが大切
ビジネスについて学ぶ>>
ビジネスについて知るにはショッピングモールに行くのが有効。
どこの店が儲かっていて、どこの店が儲かっていないかを見極める。
そういう考えでお店を見る。
そして、いかに多くの人を喜ばせたのかによって
収入は決まってくる。
店員 →店のオーナー→モールのオーナー という形で右にいるほど多くの人を喜ばせているため
モールのオーナーなどは収入がいい。
いかに、人を喜ばせるかがポイント!!
ビジネス5原則
1、好きなことを選ぶ (成功している人を探す)
2、そのビジネスのことを全て学ぶ
3、小さくスタート
4、稼ぐシステムを作る(選択と集中、他ができない強いサービスや商品の提供)
  (もし、紹介してくれたら2人に期間限定の500ドルの無料クーポンをつけるなど)
  (顧客を楽しませることに集中)
5、自分がいなくても稼げるシステムにする
アラジンの魔法のランプの使い方>>
まず、成功したければ
達成リスト、未達成リストを作成し見比べるどんなことでもいいので。
そして、未達成のものはできなくても自分の人生にあまり意味が無いことが分かる、
またはそのときに達成しなくて良かったということに気づく。
人生の流れは
そのときに必要なものしか達成しない。なのであせらない、落ち込まない。
成功する人は、達成できなくて良かったな。この道に進んでいて良かったなとかプラスに考えている。
それと、アラジンの魔法のランプはみんな持っている。
ただ、使い方を知らないだけ。
どうすればいいのか?
「どうなりたいかをはっきりとすること」レストランの注文と同じではっきりと注文しないと
適当なものしかこない。
そうすると、色々なことを達成するために普通の人はすべきことを目標にする。
毎朝、5KM走る。仕事帰りに3時間勉強する。など、無理なことをしたがる。
ではなく、
まず、成功したイメージばかりを書き出す。
それから、行動を促すためのガソリン(モチベーション)を用意して切らさないようにする。
その後、具体的なやさしい課題を作る。
毎朝、500Mとか、帰りの電車中だけの勉強とか
つづき

>>>>>>>>
ニュージーランド 日本人 建築会社 ジャパンホームズ 代表 岡部 雅彦
新築、増築、改築、から不動産投資、ランドスケープまで住宅に関することは
お気軽にお尋ねくだ
さいませ。

Author

岡部 正彦
岡部 正彦Japan homes Directer
Born in Japan in 1973. At University I learned Japanese History.

After graduation, I worked at a major Dental material company as a top salesman. In 2002 I firstly set my foot on land in New Zealand, and have started to engage in NZ Construction firm since 2004. From the 8 years' experiences at construction sites and sales experiences in Japan, I devote myself to satisfy customers from consultation to construction and after care services.

Within the first 4 years after the foundation, half of Japan Homes' customers were similar ages of mine. So that their life environment such as a number of children were also similar to mine therefore I was able to understand the customers' situations and wants more. Meanwhile there are also many customers of my father's generation, which is always appreciated because I can learn lots of good things from them.

We try our best to provide services that you satisfy, such as schedule, quality and after care service.

"I can trust you with any projects." "You are the man who I can rely on when I am in trouble." I enjoy working to get these words more times and to create as more smiles as possible.

Comments on this post

No comments.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


Trackbacks and Pingbacks on this post

No trackbacks.

TrackBack URL