私はこう発想する。 その4 

  • Japan Homes on TradeMe
  • Japan Homes on Facebook
  • Japan Homes on LinkedIn
私はこう発想する。 その4
5、敵の立場で読む
相手の立場で読む。競争相手、お客様、
すると、どういう思惑でこちらをみているか?どういう問題点があるか?などがクリアになる。
そして、常にユーザーである、ビジネスパーソンの立場で考えている。
忙しくて時間が無いが、どうにか、いい方法が無いかを発案してきた。
ケーブルTVを使い遠隔勉強をしたり、時間の垣根
英語ではなく、日本語で授業したり、言葉の垣根
などを取り払う。
6 討論する
限られた時間のなかで不完全燃焼な討論をするよりも、しかっりと時間をとって、
研究したあとに討論する。
>ディスカッションがネットで書き込みする方法
日曜日に議題をネットにて出して、1週間の猶予の中で、それに対して、ネット上で討論する。
より、多くの資料から良質の意見が出て討論されてさらに精度を上げる。
テーマは
問題を起こしたときの会社の社長ならという想定で討論する。
そして、すべての根拠がネット閲覧できるようにしておく。
例)三菱自動車のトップだったらどうする?
夢物語を語るよりも、
しっかりとした、分析を行う。
では、三菱の経営不振の原因、問題点は何で、それと、強みは何かを考える。
三菱の開発と生産はいまだに、世界的に評価が高い。
最大の問題は事件を隠蔽した旧体質そのものにある。
赤字の垂れ流しの体質具体的な改善策を出す。
赤字でブランド力も失墜している、アメリカ、オーストラリア市場から撤退。
上記を考えても、自力復活は難しいので、他社と合併するしかない。
などの結論に行き着く。
こういうものを1年間に50件取り扱い、難問でタイムリーな話題に取り組む。
そのため、実際に自分の会社で似たようなことが起こったときには、かなり強いことは言うまでも無い。
>討論では、合意をしない。そして、新しい考えが生まれる。
重要なのは、討論に参加するメンバーです。会計、営業、マーケティングなどの
専門性畑以外からの意見が交わることで、広角的に物事を分析することができる。
2兆の負債があった、日産の新社長カルロスゴーン氏がしたこと。
多くの部署を横断した、クロスファンクショナルチームを作成し、色々な部署の
討論を重ねて現場の声を多く受け入れる。
BBTの大学院での討論では、メディアの報道と実際の報道は少し違うなどの
生の意見を聞くことができる。
>事実に基づいて討論する。
議論の最低限の軸は事実より考察するということです。
>経営は輪ではない。経営は選択です。(松井証券社長)
「私に反対する人は、排除します。しかし、のちに私が間違えていることがわかったら、私を
排除すればよい。そのときは、私に反対していた人を社長にすればよい」
>枠組みを固定しない。
今、成功している会社のやり方も、数年後には役に立たないことが多い。
そのために、経営を勉強するとは、
先の見えない、答えの無いものにどのように良い選択を重ねていく
かの力をつけるものである。
答えがあることがおかしい。
DELLコンピューターの例
そもそも、討論とは新しいものを作り出すためにある。
>あとがきより
21世紀は
1、変わらなければという危機意識をもつ
2、どのように変わるのかの方向性を確かめる
3、どうしたらかわれるのか?資本、パートナーなどを考える
4、退路を断ち、前進を加速する
21世紀で成功したければこのプロセスを踏まなければならない。
それは、20世紀での成功法則が役に立たないじだいだからである。
21世紀は、IT情報革命
世界は劇場になった。
古い習慣を壊し、新しいビジネスを開ける人がより成功していく。

>>>>>>>>
ニュージーランド 日本人 建築会社 ジャパンホームズ 代表 岡部 雅彦
新築、増築、改築、から不動産投資、ランドスケープまで住宅に関することは
お気軽にお尋ねくださいませ

Author

岡部 正彦
岡部 正彦Japan homes Directer
Born in Japan in 1973. At University I learned Japanese History.

After graduation, I worked at a major Dental material company as a top salesman. In 2002 I firstly set my foot on land in New Zealand, and have started to engage in NZ Construction firm since 2004. From the 8 years' experiences at construction sites and sales experiences in Japan, I devote myself to satisfy customers from consultation to construction and after care services.

Within the first 4 years after the foundation, half of Japan Homes' customers were similar ages of mine. So that their life environment such as a number of children were also similar to mine therefore I was able to understand the customers' situations and wants more. Meanwhile there are also many customers of my father's generation, which is always appreciated because I can learn lots of good things from them.

We try our best to provide services that you satisfy, such as schedule, quality and after care service.

"I can trust you with any projects." "You are the man who I can rely on when I am in trouble." I enjoy working to get these words more times and to create as more smiles as possible.

Comments on this post

No comments.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


Trackbacks and Pingbacks on this post

No trackbacks.

TrackBack URL