キャバクラ経済学 その2 (心理学含む)

  • Japan Homes on TradeMe
  • Japan Homes on Facebook
  • Japan Homes on LinkedIn
キャバクラ経済学 その2 (心理学含む)
顧客レベル
非潜在、潜在、顧客、常連、宣伝者という流れになっていく。
>お店がどういうお店なのかを明確にする。
>一見さんを常連に変える努力をする。
割引や営業電話等。
とにかく、サービスにほれ込んでここ以外使いたくないというファンを作る。
>4P 
製品、価格、販売経路、販売促進 英語の4P
マーケティングの基本
>キャバクラは擬似恋愛を楽しむところ。
あなたの居場所がここにあるということを強調。
マスローの欲求を活用。
人の心も犬のようにテリトリーがある。
>指名変えで本命はあせる。
>営業電話1本でお客を店に呼び込むのは能力が必要。
>お客の楽しみ方は色々ある。
>キャストが働き安い環境をつくるのも大切。
体験入店制度
キャストの悩みは1、お金、2、異性、3同僚
キャストは母性本能が強い。
賞罰制度が必須
スカウトが良いキャスト確保するための最たる手段
魚河岸にいく感覚と同じという。
キャストの種類
1、プロ、2、他のつなぎ、3、学生アルバイト
キャストの仕事 大切順
1、営業TEL
2、来店時に次回の来店確約
3、接客
というように、お店に来ているときよりも、こさせることが大切。
キャストは普段ではつくれないような人脈を作ることができる。
キャストの質は量があって初めて成り立つ。
量があると客は質を感じる。
経費の関係でOJTが多くなるがサービスの質は落ちる。
そして、本との技術はこの世界でも盗むもの。
会話(コミュニケーション)は上手く呼吸を捕らえることが大切。
人間が製品。その製品のレベルをあげること。
>キャバクラの客の特徴
キャバクラで嫌われる客は元をとろうとする客
キャバクラの客は、時代の鏡、はやっている業種の客がよく来る。
キャバクラの客の特徴
1、とにかく若いのが好き、2、口説くのが好き 3、通常は異性と会話できない。
客が払える範囲でのサービス提供
客は払いたがっている。コンセプトさえはっきりしていれば!!
車の例、ミニバン、コンパクトカーなど今の時代ははっきりしていないと駄目。
このサービスでいくらとはっきりと値段が確定しているのがよい。
>価格
戦略価格 戦略的に価格を操作
早期割引、パーティー割引、初めて料金など
さんざん楽しんでも、最後に高いと思わせては駄目!!
そのために、事前に交渉をして、3人で、この飲み物で、最低キャストが何人ついて
いくらと、酔いが浅いうちに(すでに飲んでいる場合が多いが、、)
FIX価格を決めておく、事前交渉価格も有効。
高いと思われるのは、結局は滞在時間が長いためである。
そのために、時間を短くして安いと思ってもらう。
有名な2;8の法則。
もちろん、キャバクラにも適用されていて、どのお客様が2割なのかを認識する。
客の値段についての不安を取り除く。
広告のブランドを出す。
しっかりとした場所に広告をだす。
しかし、口コミが1番なので良いサービスをするのが、最良。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
改善策 具体例 
 
戦略論)
#店の方向性を決める。
#パートナーを確定(資金、精神)を含める。
#日本人女性はブランドがあるので、それをもっと浸透させるという信念を持つ。
お店詳細)
#お店の全員が名前を知っている。とくに従業員同士(新人には名札をつける)
#OPEN時間を開始、終了を各1時間長くする
#少しでいいので、内装を綺麗にする。(あくまでも別世界をつくる)
#セキュリティー強化
#VIP席 
#看板を道路に出す(許されれば)
新規顧客獲得)
#中国、韓国新聞へ広告掲載
#日本を含め、無料クラシファイドへお店とイベントを紹介
#初めて料金の設定(まず、知らない人が多いのでしってもらう)
#ビラ配り(していいのかなQUEENとかで???)
#お堅い会社のPARTYをスミレでしてもらうための宣伝をする。
顧客維持)
#割引券 (ハッピータイム)
#キャストの電話攻撃
#TEXT,メール案内 下記のような報告
イベント、(新規女の子、などとくに看護婦さん、CAなどがいるとポイント高い)
#ハッスルタイム
細かいサービス)
#ボーイを置く
#入り口に女性の写真をおいてみせる。(今日はいないけどこんな可愛い子もいるんだと思う)
#高いヘネシーなどを薦める。(来店時に聞かずに最低のコースを出すのは失礼)
#気に入った女の子を聞く。そのキャストに最後に電話番号を聞かせて、お別れの挨拶と次回アポ
#NO1女の子を作り上げる
キャスト能力論)
#夜のメイクを教える。(違う自分になれることを教える)
#夕方同伴コールの強化
#最後の言葉 徹底
#指名、同伴、などでもっと褒章を出す
#キャストの能力を上げる教育システムを構築(将来に役に立つことを強調)
#お客様に魔法をかける言葉 これは必須 ((基本は謙虚))
1、来店時「来てくれて嬉しい」
2、プレゼントされて「嬉しい」
3、あなただけの特別料金、特別対応
4、共通の秘密を持つ
5、男性は女性のお願いに弱い

>>>>>>>>
ニュージーランド 日本人 建築会社 ジャパンホームズ 代表 岡部 雅彦
新築、増築、改築、から不動産投資、ランドスケープまで住宅に関することは
お気軽にお尋ねくださいませ

Author

おか部 雅彦
おか部 雅彦Japan homes Directer
Born in Japan in 1973. At University I learned Japanese History.

After graduation, I worked at a major Dental material company as a top salesman. In 2002 I firstly set my foot on land in New Zealand, and have started to engage in NZ Construction firm since 2004. From the 8 years' experiences at construction sites and sales experiences in Japan, I devote myself to satisfy customers from consultation to construction and after care services.

Within the first 4 years after the foundation, half of Japan Homes' customers were similar ages of mine. So that their life environment such as a number of children were also similar to mine therefore I was able to understand the customers' situations and wants more. Meanwhile there are also many customers of my father's generation, which is always appreciated because I can learn lots of good things from them.

We try our best to provide services that you satisfy, such as schedule, quality and after care service.

"I can trust you with any projects." "You are the man who I can rely on when I am in trouble." I enjoy working to get these words more times and to create as more smiles as possible.

Comments on this post

No comments.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


Trackbacks and Pingbacks on this post

No trackbacks.

TrackBack URL