超速 日本史 2時間で日本史を理解 古代から大政奉還まで 竹内睦泰 著

  • Japan Homes on TradeMe
  • Japan Homes on Facebook
  • Japan Homes on LinkedIn
超速 日本史 2時間で日本史を理解
2時間で原始から大政奉還まで日本史の流れをつかむ。
スケールがでかく実際にあった面白い現実のため、
自分は歴史が大好きな性格です。そのため
ずっと聞き入ってしまいました。。。
教科書に書いていない事実や一般人がわかるような言葉で説明しているため
非常にわかりやすかったです。
それから、具体的な年号などを自分が覚えてもしょうがないので(結構まだ、覚えていますが)
筆者の思考形態等など勉強になる考え方を書きます。
>原始は縄文時代といわれていましたが、
それ以前の歴史を「アマチュア歴史家」が発見。これは、大発見。
なぜかというと、縄文の土器が出てくると、あ、これでこれ以上の歴史は無いという
観念より掘削を止めてしまっていた。
>鎌倉幕府より 
武家政権になる。
>戦国時代
信長はやはり、時代を先取りしていた。
人、金を楽市楽座
もの、鉄砲
を集めた。
>江戸時代 実質10分くらいで聞くと、江戸時代も悪政ばかりしていたなと思います。
まあ、人間は成長しているし、今だから言えることで当時は最高のことをしていた。
そして大政奉還
>公家について感じたこと
公家などの色々な裏側を話してくれました。
ある天皇は近親相姦X2だとか、
奥さんのお母さんを側室にいれるとか、尋常では考えられない行為をしていた。
>日本の政治家について
年号ではなく全体を通して感じたことは、国をつかさどる人たちが
本当に庶民のことを考えていないなと思いました。
自分たちの私利私欲にとらわれて、
「庶民は苦しむもの」「農民は生かさず殺さず」などの精神があり、
そして、「そんなのは反対だ、民主主義みたいなものがいいものだ」
というと、基本は殺されてしまいます。
こういう話を2時間で聞きました。
今の日本もそうですが、本当に国にいいことを言うと煙たがれる。
これは、政治家に問題があるのではなく、金や権力が持つ魔力に負けてしまうのだと
つくづく考えさせられました。
>坂本竜馬と奇兵隊について 
高杉晋作は長州藩そして、日本を立て直そうと立ち上がる。
しかし、挙兵の際に集まったのは、高杉晋作ただ1人。その後、
「一緒に死のう」と1番に来たのが、初代内閣総理大臣「伊藤博文」かっこいい。
情勢を見て、これなら勝てると判断してから賛同した人が初代内務大臣「山県有朋」ずるい。
とにかく、長州を討幕へ統一。
坂本竜馬は、地位も権力も無いただの浪人が歴史を変えた。
変えることができると証明した偉大な人。
>長州力(プロレスラー)について
長州がでたついでに彼について書いています。
彼は、ちび、デブ、顔もかっこ悪く、
基本的に彼の先輩でチャンピオンである藤波辰巳の引き立て役という立場というか、みんな思っていた。
しかし、ある日、
「お前と俺はどこが違う。俺は、お前のかませ犬でない。俺はお前の引き立て役でないじゃ!!」と
マイクで発言。みんながびっくり。
そして、そのための決着をつけるための試合が組まれる。
みんなは長州が強い藤波に勝てるわけ無い。みんなそう思っていた。
しかし、みんな長州に自分を投影して、長州の戦いぶりを見たかった。
「喧嘩売ってくれてありがとう。負けていいから、変わろうとしてくれた気持ちだけでありがとう」
という気持ちだった。
しかし、試合は長州が勝利。
試合後のインタビューで、
「俺にもこんな日が、俺の人生でこんな最高な1日くらいあってもいいじゃないか!!」と発言。
見ていた筆者は本当に酔う事ができた。
そして、筆者はそういう日をもてたことがあった。
そういう日を1日でも多く、持つことができる人生を送って欲しいとエール。
そうすると、その先はもっともっと、凄いことがあると思える。
そのために、今日を戦うことができる。
人生は、痛みも苦しみも無く生きることができる。しかし、その反面を痛みを乗り越えた後にある
「感動」などを分かち合うことはできない。
人生は2つしかない。前者の生き方、後者の生き方。
筆者はもちろん、自分も後者の生き方しかできないと思います。
そこには、「未見の我」に会うことができる。「これが自分か??」と思えるくらいの自分に会う。
毎日戦っていると見える。いままでは怠け者でもかまいません。
「一生に1度くらい死ぬ気でやってみろ、頭は冷静に心は熱く」
脱線したように感じますが,,,,
まとめ>>
坂本竜馬や高杉晋作のような「かっこいい」人たちを見ることができるので歴史が好きだ。筆者談
その歴史を自分の人生でも生かすためにも「長州力」のような行動を
どんどんしていこう。といういうのが、筆者が伝えたかったことでは、ないだろうか?
そういう、気持ちで歴史を考えると、歴史の勉強も楽しいし、何よりも今が楽しい。
そして「未見の我」に会おう。

>>>>>>>>
ニュージーランド 日本人 建築会社 ジャパンホームズ 代表 岡部 雅彦
新築、増築、改築、から不動産投資、ランドスケープまで住宅に関することは
お気軽にお尋ねくださいませ

Author

岡部 正彦
岡部 正彦Japan homes Directer
Born in Japan in 1973. At University I learned Japanese History.

After graduation, I worked at a major Dental material company as a top salesman. In 2002 I firstly set my foot on land in New Zealand, and have started to engage in NZ Construction firm since 2004. From the 8 years' experiences at construction sites and sales experiences in Japan, I devote myself to satisfy customers from consultation to construction and after care services.

Within the first 4 years after the foundation, half of Japan Homes' customers were similar ages of mine. So that their life environment such as a number of children were also similar to mine therefore I was able to understand the customers' situations and wants more. Meanwhile there are also many customers of my father's generation, which is always appreciated because I can learn lots of good things from them.

We try our best to provide services that you satisfy, such as schedule, quality and after care service.

"I can trust you with any projects." "You are the man who I can rely on when I am in trouble." I enjoy working to get these words more times and to create as more smiles as possible.

Comments on this post

No comments.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


Trackbacks and Pingbacks on this post

No trackbacks.

TrackBack URL