世界1受けたいお金の授業  オーディオBOOK 和仁 達也 著

  • Japan Homes on TradeMe
  • Japan Homes on Facebook
  • Japan Homes on LinkedIn
世界1受けたいお金の授業
筆者は経営コンサルタント
人間をワインにたとえると
通常の人はなんでも「自分にはできない」というコルク栓をしてそこから抜け出せない。
しかし、いわゆる成功者という方は、より成功している人にその栓を抜いてもらうのがうまい、
または、自分で抜くのが上手い人。
栓を抜くのが上手い有能な人とどんどん付き合う。
>お金の使い方には2種類
自分の価値をあげる使い方”’格を引き上げる。良いスーツを着る。良い食事をするなど
自分の価値をさげる使い方”’終電のれずのタクシー代金、内輪の愚痴の飲み会、行かないジム料金など
どうすれば価値をあげる使い方ができるか?
1、買い物の価値基準を持つ
欲しいものがあっても1Wの冷却期間をおく
リターンを常に把握
収入と支出を常にコントロール
人との出会いにはお金を使う
>ブロックパズルで考える。
これが使えれば1人暮らしも、4人暮らしも、会社も、国家も同じにお金の流れがわかる。
そもそもお金はとは?
「価値交換できる道具」でしかない
ケチと節約の違い。>
他人を喜ばすためにお金を使える人は節約者。
つねに場の雰囲気も考えずに自分の利益しか考えない人はケチ。
>経済を断片的に見ない。常にラフでいいので全体みる。
3章 会計の前に家計簿
学校の成績は通信簿
会社の成績は決算書
お金のたまる家計簿の作り方
収入と支出を常に考える。
それが、
手取り収入を把握(すべての税金を引いたもの)
生活費、娯楽費を把握し、支出を管理。
日本は50兆の税収があり、毎年、85兆使うので、35兆の赤字。
しかし、まだ、日本の個人国債が1500兆あるために、どうにかなっているが、
そのままでは、それが破綻するのは言うまでもない。
日本はなぜ不景気>
経済は日本だけではなく、世界とつながっているため。
そして経済を牽引してきたアメリカの景気がよくないために、
日本の関連業者も景気が悪くなる。そうして、ニュース等で景気が悪いと
いうとなんとなく、みんながお金を使わなくなる。そうなると、会社もどんどんリストラ
さらにお金の回りが悪くなる。という流れ。しかし、これは表面上のこと。
根本は、お金で手に入るようなものはすべての人にいきわたり、今は簡単に
顧客の欲求を満たすことができる「価値を創造する」ことができなくなったため。
メールやネットの発達で単純作業なくなったのも痛い。
古い時代にはいた、秘書的作業、郵便屋、調査係りが1秒で検索や配達ができるように
なり人が要らなくなった。
メールやネットを使いこなし、機械ではできない内容をできる人が価値を創造する人になる。
物質的なものは手に入ったために、今度はさびしい心の隙間を埋めることが
できるビジネスが重要。
不景気=ほしいもの(価値)があるものが無い時代または、欲しいものがわからない時代。
4章 会社の決算書
>決算書は読めるようにしておく
・すべてを読む必要は無い。
5つの必要な数字のみ覚える必要がある。
売り上げ、変動費、人件費、利益、借金の5つを抜き取るのみ。
すべての要素が入っている変動費を抜き出すのが一番の仕事かも。
・読む人によって色々な読み方がある。
株主にとっては、本当にリターンがあるのかどうかの判断材料。
経営者にとっては、今後の戦略をたてるための基礎。
営業マンにとっては、売り込み先の財務内容をしり、セールストークに使える。
など色々な使い方がある。
>スターバックスの決算書で検証
先ほどの5つの数字を抜き取り→ブロックパズルへ入れる。
数字が大きい場合は%で表す。
下記を見ると本当に理解しやすいです。
http://www.youtube.com/watch?v=PAI1-MOzPEI
自分の会社などにあてはめて考える。

>>>>>>>>
ニュージーランド 日本人 建築会社 ジャパンホームズ 代表 岡部 雅彦
新築、増築、改築、から不動産投資、ランドスケープまで住宅に関することは
お気軽にお尋ねくださいませ

Author

岡部 正彦
岡部 正彦Japan homes Directer
Born in Japan in 1973. At University I learned Japanese History.

After graduation, I worked at a major Dental material company as a top salesman. In 2002 I firstly set my foot on land in New Zealand, and have started to engage in NZ Construction firm since 2004. From the 8 years' experiences at construction sites and sales experiences in Japan, I devote myself to satisfy customers from consultation to construction and after care services.

Within the first 4 years after the foundation, half of Japan Homes' customers were similar ages of mine. So that their life environment such as a number of children were also similar to mine therefore I was able to understand the customers' situations and wants more. Meanwhile there are also many customers of my father's generation, which is always appreciated because I can learn lots of good things from them.

We try our best to provide services that you satisfy, such as schedule, quality and after care service.

"I can trust you with any projects." "You are the man who I can rely on when I am in trouble." I enjoy working to get these words more times and to create as more smiles as possible.

Comments on this post

No comments.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


Trackbacks and Pingbacks on this post

No trackbacks.

TrackBack URL