スーティーブ ジョブズ の神の交渉力

  • Japan Homes on TradeMe
  • Japan Homes on Facebook
  • Japan Homes on LinkedIn
Aスーティーブ ジョブズ の神の交渉力
1、
APPLEでの成功
PIXERでの成功
i Padでの成功
i Phoneでの成功
などなど数々の成功を収めるが、
自分で作った会社を追い出されるくらいの執念や
自己中心的な考え方は大いに勉強になる面がある。
しかし、これは、天才が使えるテクニックでもあると思う。
使うべきことを考える必要があるが、逆説的に考えるとやはり成功者のエキスが
大いにはいっている。
2、ビジネスには強烈なプレゼンが必要。
交渉にはじらしも必要。
引き出しを多く持つ。
>メディアとの付き合いかたを上手くする。
営業とは価値があるものを売ること。
今の時代で無口は本当に武器なのか?
情報LEAKは厳禁。
情報にも小出しは駄目。一極集中
TOPのみが話す。情報が一定している。情報戦略も5W1Hで考える。
3、
反省より反撃
和では勝てない、勝ってこそ和
有能な人材で固める
ストックオプションなどにぶら下がったら終わり
無能な味方は、潜在的な敵
情実無用、恩義を忘れて敵と手を結ぶ (情は時として、害になる)
味方を信じすぎると、、、、
>アメリオを追い出すときに、
マスコミを上手く使う
クーデターを何度もする。
$1 CEO
暫定CEOでみんなを安心させる。
良いものは全部自分で、悪いのは全て他人のせい
内にも外にも手を緩めない。
世間の人は、義理と人情が大好き。情報とは情に報いると書く
重要な局面では恩義では考えない。戦争時代がよい例。恩義だけでは生きていけない。。。
裏切るときはいきなり。
>レッテルがあればあとは、世間が勝手に物語は創る。
ビジネスにおいて、「得」と「徳」があるが、両方を欲しがることはできないし、
まず、「得」を稼ぎだすことができないと、いくら「徳」があっても評価されないし、できない。。。
成し遂げたことしか、世間は評価できない。
去るものは敵
4、妥当な案より、不当な案
限界を感じないと本当の智恵はでない。
ジョブズの能力は何が世界で認められるのかという嗅覚がすごい
しかし、見た瞬間はすごいとは言わずに、自分が管理できるようになるまでは、黙っている。
有能な人ほど、難しいことに挑戦する。
1984年の全米で1番有名な広告。
時間は関係ない。1日を24時間で考える。
他の人が驚く時間で成果を出す。
期待にこらえられないと終了。
1流は1流を呼ぶ、求めるものは忠誠と才能
5、小さな会社だったPIXER ジョブズとが巨大帝国ディズニー・アイズナーを支配する。
像とアリの戦いなのに強気で行く。
契約書有効期間が残っているのに、少しでも優位に流れたら、変更を求める。
契約期間中に不平等な状態になったら、どんどん変更を求める。
今、変更をしないと契約終了時にどうなっっているのかをイメージさせる。
なぜ、負けたのか?
ビジネスの世界では、戦っている敵は毎日変化している。
そのことに気づかない、または、気づこうとする勇気がない経営者が多い。
常に変化をすることが大切。
交渉人はその業界を好きな人が適任。(好きなことは1番大切)
音楽が好きだったので、音楽業界とPC業界という高い壁を越えることができた。
i Padは音楽をダウンロードする流れに過ぎない、盗作ではないと認められた。
やりたくないことをして、国民的作家になったゴルゴ13作者の話
とにかく、その計画を達成するために必要なキーマンを探す
ジョブズ小学生のときに、HP社長に電話して部品くれと頼む
ジョブズ中学生のときに、ユニシス(前進)本社に電話して、上から目線で部品を調達。
>あきらめないこと。
はじめてのPCショーで失敗したときに、2つのことを認識ビジネスでは
広報と広告の重要性
新しい資金の開拓
そのために、広告会社は勢いのあるところに絞り、しつこくして社長にあわせてもらう。
「PCは男が使うもの、なので、男性雑誌に広告をする」というタブーに挑戦して勝つ。
資金出資会社にもとにかく、しつこくしてマークラに辿り着き、彼がPCの知識があり
ジョブズにかけてみようということになり、アップル成功の橋ができたのだろう。
成功の秘訣はトップの厚顔無恥の押しの強さと執念

Author

岡部 正彦
岡部 正彦Japan homes Directer
Born in Japan in 1973. At University I learned Japanese History.

After graduation, I worked at a major Dental material company as a top salesman. In 2002 I firstly set my foot on land in New Zealand, and have started to engage in NZ Construction firm since 2004. From the 8 years' experiences at construction sites and sales experiences in Japan, I devote myself to satisfy customers from consultation to construction and after care services.

Within the first 4 years after the foundation, half of Japan Homes' customers were similar ages of mine. So that their life environment such as a number of children were also similar to mine therefore I was able to understand the customers' situations and wants more. Meanwhile there are also many customers of my father's generation, which is always appreciated because I can learn lots of good things from them.

We try our best to provide services that you satisfy, such as schedule, quality and after care service.

"I can trust you with any projects." "You are the man who I can rely on when I am in trouble." I enjoy working to get these words more times and to create as more smiles as possible.

Comments on this post

No comments.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


Trackbacks and Pingbacks on this post

No trackbacks.

TrackBack URL