• no image
  • 新築がいいのか改築か ?

      2011/12/14    FAQ よくある質問

    14/12/2011 今週の現場 1)新築か、改装かで悩む物件例 既存に家があり、大幅な改築を考えているお客様。 2年ほど前にお客様の構想より、概算で改装費用を算出しました。 そうすると、かなり大掛かりになる為に、 「これなら、新築したほうがいいのではないか?」ということで 新築にした場合の費用も算出しました。 その後、設計の段階にはいる過程で、お客様の知人にドラフトマン(設計を手伝う人)がいるという ことで自分は、その設計、ビルディングコンセント取得までは 「基本的に関与しなくてよい」と言われましたので、通常は関与しますが、 しませんでした。 その後、2年後にお客様より電話があり 「ドラフトマンと連絡が取れないので、どうにかして欲しい」との事でした。 自分がお客様の使っていたドラフトマンに連絡をして、 どうにか、すべての情報を引き出す事ができ、彼は「申請は簡単に出来るといっていました。」 お客様も「あと、少しでビルディングコンセント申請に入れるもの」 という理解をされていました。 >> その後、自分が提携しているドラフトマンが確認をしたところ、 以前のドラフトマンの資料を ネット上で検索できる情報からだけでも 数多くの問題点を確認されました。 そして、確証を得るために、市役所のタウンプラナーとの面談をしました。 そこでは、もし、新築をする場合にはかなりの難問をクリアする必要があると判明しました。 主になるのが、神経質な近隣の方からの同意書を得る必要があり、 お客様いわく、「それは、絶対に無理」と 今までの隣人との付き合い上から言われており、 逆にお客様からは、 「建築基準法以内の方法で計画を立て、 近隣の同意書(リソースコンセント)を必要としない計画案作成 かつ予想される、設計、役所費用、工事費用、その他費用を含む概算費用をを出し、 勿論ながら、お客様の予算以内で工事を完了する」 という素晴らしいミッションをいただけました。 次より問題点を整理したいと思います。よく起こる現象のために今後、改築、新築を お考えの方にはお役にたつ情報だと思います。 >>>>>>>> ニュージーランド 日本人 建築会社 ジャパンホームズ 代表 岡部 雅彦 新築、増築、改築、から不動産投資、ランドスケープまで住宅に関することは お気軽にお尋ねくださいませ

    Continue Reading
  • no image
  • 今週の現場 28/11/2011

      2011/12/07    FAQ よくある質問

    今週の現場 28/11/2011 年末までに、完了現場、完了打合せが多くありまさに「師走」です。 1、ジャパニーズレストランの年末改装 打合せ 竹のデコレーション; 4mの高さのある窓にふんだんに竹を使い、その後ろにはライトを入れるデザイン。 面白い光源が演出できるかが楽しみ。 ファンクションルーム 日本の現代性を全面に出している店内だが、1つだけと昔ながらの和室を作り出すために 堀こたつ式の8人収容予定の部屋を作成予定。 場所が狭いのもあり、遠近法を用いたり、階段をどのようにするかが、ポイントになる。 カウンター全面ペイント ナチュラルな木の素材を生かした現行のものを、日本の色といわれているいる 「赤と黒」の色調に変更する。 パーテーション パーテーションがあることにより、限定されたスペースが作り出せる。 そこに、関連性のある、写真を貼る予定。 簡単に倒れてもいけないが、比較的移動もするので、耐久性、可動性を考える必要がある。 工期 年末に約2週間で完了をしなければならないので、 完了できる工程で作業を考えなければならない。 そのためには、加工は外で作成し、現場では、取り付けるだけ。とか 時間配分を配慮した工程管理が必要。 2、南仏風ルーム増築工事 打合せ 綺麗な庭があり、「新しく増築する部屋よりその庭を見ながら音楽を聴きたい。」 というオーナーのご希望を取り入れながら打合せを進めています。 先週の土曜日で5回目の打合せになりますが、ビルディングコンセントが必要な 部分は決定できたので、ビルディングコンセント申請作業に入ります。 ビルディングコンセント認可が下りるのは、来年度3月を予定しています。 外壁変更点 2mX8mの増築工事 基本はサンルーム仕様になりますために、屋根を含めてガラス張り。 既存の壁面も窓がすくなったので、ほぼ全面がガラスになります。 ただ、家の種類はバンガロータイプなので、(コウシ上の模様を入れるか入れないかで)迷っています。 これは、ビルディングコンセント上関係ないですが、設計は「絶対にいる」 オーナー様は「外を見たいので、できれば外したい」といって意見が分かれていますが、 正解は1つでは無いので、3月までに決めるということになりました。 内側のデザインも家具を含めて、3月までに時間をかけてじっくりと検討。 という流れで打合せ完了。 ビルディングコンセント申請までのステップまでは、進めました。 >>>>>>>> ニュージーランド 日本人 建築会社 ジャパンホームズ 代表 岡部 雅彦 新築、増築、改築、から不動産投資、ランドスケープまで住宅に関することは お気軽にお尋ねくださいませ

    Continue Reading
  • no image
  • プレイングマネージャーの教科書 田島弓子 著 ダイヤモンド社 

      2011/12/07    Reading Book 読書

    プレイングマネージャーの教科書 田島弓子 著 ダイヤモンド社  やりたくない、自信がない、やる気が無い「3ない、管理職ほど成果が出せる」 プレイングマネージャー=成績(自分のノルマ)と管理職業務を与えられ職 部下の管理もしながら、自分の数字も達成しなければならない管理職 プレイングマネージャー=コミュニケーション能力 天才より、普通の人のほうが普通の部下がついてこれる。 P9 失敗するケースのコミュニケーション 管理者が 日常業務で忙殺 →コミュニケーションは後回し →職場の雰囲気が停滞 →仕事が思わぬところで停止したり、部下とのトラブルが発生する。 →ますます、業務が増える という方程式が存在する。そのために、コミュニケーションを大切にする。 P40 コミュニケーションも仕組み化できる 1、すぐに使えるメソッドを繰り替えし活用。 2、有効だったコミュニケーションを仕組み化する 3、コミュニケーションをタスクとして可視化し、日常業務へ取り入れる。 P53 最強のコミュニケーションステップ 1、根回し  プロジェクトの成否を決めるのは、根回し。 2、突破口になる 特攻隊になる 3、情報を共有する 全員と情報を共有することにより、一体感ができ、精度もあがる。 4、筋道をつけて場回し完了 色々な世代の人を付き合える能力、そこのギャップなどを埋めれる能力。 P68 良い話?悪い話? 部下が言いずらそうな時は、こちらより、 「良い話?悪い話?」と何気ない1言を言う。 それが、非常に相手にとっては大切。 カラッと聞いてあげること、そして、悪い話ほど、早めに処理する。 そのことを、部下にも理解してもらう。 P70 お客様のことを1番知っているのはあなただからね。 色々とトラブルがあっても、この最強の1言。 「お客様のことを1番知っているのはあなただからね。」 それでも、困っている部下には 「では、答えは私が判断するから、そのために、必要なお客様の情報を集めてきて欲しい。 あんただけが持っている情報であれば、より的確に判断できるから。」 こういう経緯で やる気と主体性を持たせる。 P70 「どうしてお客様はウンと言ってくれたの?」 部下に手柄を披露させ、成功プロセスを評価する。 「どうしてお客様はウンと言ってくれたの?」 この言葉には、普通の人には見えない、成功までの本人の努力をさりげなく聞くという 意味が含まれていて重要。 そして、1つづつ、相槌をうち、一緒に評価する。 単なるラッキーで良い成績を収めたものと区別できる機能もある。 そして、論理的に一緒に考えられているので、次のハードルアップも必ず成功できるという 裏づけを正当化させる機能もある。 P74 目をきらきらさせながら「うん、それ面白いね、それで?」 コミュニケーション=ビジネススキルである以上、相手から色々なものを引き出すことを心がける。 とにかく、前のめりになり、相槌を打ち、相手の話をもっと聞きたいという表現をする。 P82 「ごめんちょっと、5分集合」で情報を垂れ流しして、部下に仕事を任せる。 部下に情報を垂れ流す。そうすることで、より重要な仕事に関われていると思える。 そして、その重要な情報ほど部下に早く伝えると、より信頼をされていると感じる。 仕事に対する、当事者意識が高まる。

    Continue Reading
  • no image
  • 今週の現場 14/11/2011

      2011/11/21    FAQ よくある質問

    今週の現場 14/11/2011 1、ビルディングコンセント遅延 ビルディングコンセント発行が遅れている現場の打ち合わせを市役所と行いました。 1Fの商業物件で2Fに住人が住んでいるために排気のことで問題が起こり 発行が遅れています。 これは、市役所の担当者と排気のことのに関するエンジニアとの作業が必要になります。 その他、階段の手すりの問題があり、高さや強度を証明する必要があります。 どちらにしても、時間がかかりすぎているために、迅速な対応を求められます。 2、ビジネスメンターとの出会い。 政府がボランティア的に行っているビジネスメンターとジャパンホームズについて 話をすることができました。 担当していただいた方は、ニュージーランド人の方ですが、日本への輸出等で 資産を形成された方で、たくさんのことを教えていただきました。 自分の使命は、より良いものをニュージーランド社会に提供していきたいという 願いがあり、その点について本当に膝を交えて話をすることができました。 そのためには、ジャパンホームズの弱点でもある、KIWI社会への進出の遅れを指摘され 今後はいかに進出してくかの提案をKIWIの視点から教えていただきました。 具体的には 1、GOOGLEを含む、ネット広告の拡大。 2、LOACL NEWSPAPER への広告 3、車のサインを拡大 4、現場のサインを今より、10倍くらいの大きさへ 5、会社のゴールをより鮮明にする。 などを指摘されました。 ニュージーランドでの成功者の考えなのですべてを試します。 3、南フランス風デザインへの改修打ち合わせ 閑静な住宅地にある物件でその1つのお部屋をオーディオルームへ変更して綺麗な 庭を眺めて、好きな音楽を聴きたいというご要望でした。 様式はお気に入りの南フランス風デザインを主流にする予定です。 アンティークすぎず、色も濃くしすぎずに淡い色をベースにする。 南フランスといういうと、 床はTILEその上にラグ 壁は壁紙 そして、サンルームを用いた部屋の拡大も含まれています。 今週で3回目の打ち合わせですが、主流がかたまり、これから、最終段階への 打ち合わせへ入っていきます。 4、ジャパニーズレストランの改修 年末工事へ向けて、打ち合わせを進めています。 基本コンセプトは古い日本と近代的な日本を創りあげるということになります。 今週決めるべきことは >竹のこと         図面作成して設計確認→オーナー確認 >テーブルのこと         寸法確認、仕上げ確認、新規テーブル確認→設計確認、オーナー確認、 >パーティション テーブルを決めてから、 寸法確認、仕上げ確認、新規テーブル確認 設計確認、オーナー確認、 >詳細図面作成         設計図面完了後 大工、電気、ペイントのために作成 >図面作成   母体となるので、簡易図面作成 >すべての色   漏れが無いか確認 >ライトのこと         漏れが無いか確認 >カウンターの中 ドアのデザインを含む詳細 >椅子の生地のこと 交換を含めてどうするか >ファンクションルーム デザイン作成、仕上げ材料まで など細かいことを今週中には決めなければなりません。 >>>>>>>> ニュージーランド 日本人 建築会社 ジャパンホームズ 代表 岡部 雅彦 新築、増築、改築、から不動産投資、ランドスケープまで住宅に関することは お気軽にお尋ねくださいませ

    Continue Reading
  • no image
  • オーストラリア視察を終えて勉強できたこと。

      2011/11/21    The Way We Work 仕事のこだわり

    オーストラリア ジャパンホームズへ向けての第1回視察 ジャパンホームズのニュージーランドでの通常業務は 一軒家の修繕、改築、新築、 商業物件、建築許可(ビルディングコンセント)取得業務、設計業務、 などをメインに行っておりますが、そのビジネスモデルをオーストラリアでも 展開できないかと思い今回、第1回オーストラリア視察旅行へ行ってきました。 ニュージーランドでビジネスを展開していて、オーストラリアへ出店へ向けての異業種でも 少しは役にたつ情報があると思われます。 >面談相手 弁護士、JETRO,建築会社、不動産会社、ドライバー、学生エージェントなどの 多岐にわたる業種の方と面談をさせていただき、ネットでは得られない貴重な情報を 教えていただけることができました。 >人口比率 オーストラリアJETROより ニュージーランド, オークランドの日本人居住者の人口約6000人 オーストラリアの日本人居住者の人口70000人 シドニーは35000人、うち駐在者が50%の という数字や、貨幣価値の高さ、日本語で建築会社とネット検索しても ニュージーランドのように建築会社が出てこないという背景より かなり期待して、オーストラリアへ行きました。 >ビルダーから見たシドニーの街 これが、10年間もニュージーランドオークランドに住んでいるとすべての規模が大きい。 そして、ビルディングもニュージーランドと比べると、大きいのはもちろん、 綺麗なビルディングが多かったし、歴史を感じることもできた。 >ドライバーさんの話 行きと帰りに2人の違ったドライバーさんに話をお伺いすることができました。 シドニー近郊車で30以内などの便利がいい場所では、一軒屋は、 とにかく、高くて買えない。 2BEDでも80万ドル、ミリオンを超える家が多い。 そのためと、物質的に一軒家がシドニー近郊には少ないために、多くがレンタル。 >JETRO ・FIRSTHOMEBUYERへの政府の補助 7000ドルがある。 ・賃貸より、一軒家を持ちたいというトレンドがある。 ・今後、メルボルン、キャンベラで一軒家の需要がかなり見込まれる。 しかし、すでに日系大手、住友、積水系の建築会社がオーストラリアでは展開している ために、大手と重なってしまう分野では、ジャパンホームズの強みが発揮できない。 ・オーストラリアでの予想人口は拡大、 ・公式発表されている住宅価格は1年間で1.8%の下落 ・オーストラリア経済は、中国への資源輸出に頼っている。そのために、中国の動向は 非常に大切。しかし、それにも翳りがみえてきた。 ・各国でビジネスをする際の比較調査を使える。 ・オーストラリアで好調な日系ビジネス 飲食、理容、食品、移民、ツーリズム、小売業など >建築会社 同業であるかたからの貴重な話。 ・カジノ、ホテル、などのシドニーの大きな開発が数年前に完了し、それらの建築好況は完了。 ・日本人の一軒家は需要がすくないために、商業物件を専門にしている。 ・パースは鉱山があるために、いつでも好況。しかし、鉱山作業は重労働。 ・競争が激しいために、価格低下、、品質向上の維持を求められる。 >弁護士 ・オーストラリア人はニュージーランドに比べて親日家ではない。 ・駐在員が多いが、彼らは自分の家ではない。 ・日本人建築会社をオーストラリアへ売り込むために、建築家をマーケティングする。 ・シドニーのイースタン、ノースは高級エリアなのでそこを狙う。 ・商業物件は5年、10年で改装するので、そこを狙う。 以上です。 ニュージーランドと同じ形での展開というよりは、成長することも含めて新しい形で オーストラリアで展開することをトライします。 具体的には、商業物件を中心に最初の一歩を踏み出していき、、 一軒家はコンサルタント業務(サブコントラクターの手配、住宅の悩み相談など) を中心に進めて、タイミングをみて拡大を考えていくことになるでしょう。 >>>>>>>> ニュージーランド 日本人 建築会社 ジャパンホームズ 代表 岡部 雅彦 新築、増築、改築、から不動産投資、ランドスケープまで住宅に関することは お気軽にお尋ねくださいませ

    Continue Reading
  • no image
  • Facebookをビジネスに使う本 熊坂仁美 著 ダイヤモンド社

      2011/11/13    Reading Book 読書

    Facebookをビジネスに使う本 熊坂仁美 著 ダイヤモンド社 新しい集客力である、FACEBOOKをもっと力をいれていかなければならないと思い 空港で読みました。 今現在理解、またはジャパンホームズですぐに役に立つということを書きます。 P51 好感アクセス収益モデル 1、YOUTUBEなどでコンテンツを作る 2、ブログを更新 3、TWITTERとFACEBOOKで更新を知らせる 4、ブログへアクセスさせる 5、ホームページに誘導 6、購入 というモデルを確立させる P63 業界別にみるファンページ成功のポイント 1、ローカル型 小売店舗、飲食業、不動産など多くの業種 2、通販型  インターネットベースの通販 3、個人ブランド型 作家、ブロガー、スポーツ選手など 4、法人ブランド型 大手大企業 などの分類があるので、自分の業種にあったスタイルをとる P77 「写真」機能を活用して新規顧客を獲得する不動産会社 常に新しい情報が成績の鍵を握る不動産業界では、とくに活用できる。 良い場所、良い条件、などを誰よりも速い方法で知らせる方法は物件希望者には大きな HELPとなる。 P111 半年間で13万人のファンページを獲得した日本のアパレルブランド フェイスブックを足がかりに世界進出を果たしたSatisfaction Grantee 以下=SGの特徴。 特徴1、コスト削減のために、「生産の拠点が海外工場」というのが常識の現在、あえて「100%MADEINJAPAN」を心がけている会社。 特徴2、日本や、アメリカの成熟市場は対象とせず、シンガポール、マレーシア、フィリピンなどのまだまだ成長の余地がある国を対称にしている。 特徴3、FACEBOOKのWALLへの書き込みはほとんどが英語 特徴4、社長本業がインターネット広告だったために10万円の資本で効率よく広告ができた 特徴5、社長自らが洋服のデザインをする。 特徴6、以前の常識下の海外進出なら、商社を通して、市場調査を行い、準備に時間をかけるが普通だったが、そのほとんどを行わず、成功を収める。 P120 ファンページ運営で大切な「3つのC」とは、 1、コンテンツ ファンと何を共有するか 2、コミュニケーション ファンとの会話 3、コンテスト 競争意識 詳細 1、コンテンツ ファンと何を共有するか? コンテンツは車で言うとガソリン、人間なら血液にあたる非常に大切な部分のためにフェイスブックでも常に 新しいものをあげておく必要がある。1日に1回の更新を心がける。 共有するものは、原則的にビジネステーマに沿ったもの。ファンにとっては有益で、価値の高いものを提供したいので まだ、一般には出回っていない新鮮な情報、あるいは既存の情報に独自の解釈を加えたもの、自らの経験より 導き出した気づきなどオリジナルなものを発信するように心がける。 情報の仕入れ先は色々 RSSで海外のブログサイトの最新情報を取り入れたり グーグルアラー利用(指定したキーワードに一致する検索結果を定期的にメールで配信するグーグルのサービス) 新着の関連本などがでれば教えてくるようにする。 ファンに質問して、色々な意見を飛び交わさせてコンテンツの質を上げる方法なども取り入れられる。 「こうしたアクションにより、ファンの友達のニュースフィードに記事が公開され、ファンページのコンテンツが 口コミでコミュニティー全体に広がります。」 2、コミュニケーションファンとの会話 一方的に流しているのはよくない。 常にファンとの会話を心がける。 そうすることにより、ファンが何を考え、何を意識しているのかが分かる。 営業の基本でもある、「聞く」ことがもちろん、ここでも活かせることになる。 お勧めはリアルなイベントを開催すること みんなと直接話をすることでさらに新しい発見が得られる。 3、コンテスト FACEBOOK、TWITTER、ミクシーなどのプラットホームが増える中ですべてに 目を通し、、すべてを網羅することはできない。 する側の時間と、そして、ファンの時間は有限のために、ほかにファンが流れないように そこにはやはり「競争」が存在することになる。 そのために、努力していかなければならないが、基本は、主催者が 「楽しみながらすること」これが基本。 「楽しいところに人が集まる」 P134 ファンページ7つのステップ 1、競合調整を行う 2、戦略を決める 3、作成する 4、コンテンツを入れる 5、「核の30人をつくる」 6、ファンとの会話を開始する 7、ファンを増やす施策を打つ 詳細、 1、競合調査はキーワード検索、同業他社を調査 2、戦略と言っても「意図的にやりましょう」という感じで考える。   重要な3要素   目的を考える   ターゲットを考える   名前を考える 5、核の30人を作る 核の30人とは「友達でいい」友達に知らせて、また、友達に口コミで増やしてもらえるように努力する。 7、ファンを増やす努力を行う。  無料では、 友達にメールで知らせる。 個人プロフィールページにリンクを記載する ブログやホームページにブログパーツを貼る 有料では、 フェイスブック広告 >>>>>>>> ニュージーランド 日本人 建築会社 ジャパンホームズ 代表 岡部 雅彦 新築、増築、改築、から不動産投資、ランドスケープまで住宅に関することは お気軽にお尋ねくださいませ

    Continue Reading
  • no image
  • 土地分割2400m2のBARELAND in Pakuranga 4分割への可能性

      2011/11/13    FAQ よくある質問

    2400m2のBARELAND in Pakuranga 4分割への可能性 投資を狙うなら十分に採算の取れる価格帯であったためにリサーチをかけました。 まず、 LAND SIZE 2400m2 ZONE Residential PRICE $550.000 Condition Existing House X 1 Proposed subdivision Plan X 4 section というのが概略です。 マヌカウのリソースコンセント係りの役所の担当官とお話をしました。 数多くの課題があり、この場所に限らず良く出てくる課題のために、 お考えの方には参考になると思います。 1、クロスリース この2400m2の土地ですが、実はクロスリース(土地を他人と共有)しており、 もし、土地分割をする場合彼らの許可が必要になります。 これは、ニュージーランドでは非常に難しい作業になります。 いままでの経験上、自分たちは土地分割や改築などをしても、他人がやるのは 嫌だ。理由は工事の音がうるさい、迷惑がかかると非協力的な方が多いと思われます。 これが第1の難関です。 2、DRAINNAGE(公共の下水、雨水管のキャパの問題) Pakuranga付近の公共の下水、雨水管のキャパがすでに限界ちかくまで きており、UPGRADE作業が必要になる。 それと、下水、雨水を管轄しているWATERCAREに多額$15000ドル相当の Contribution(日本語だと直訳で献金でしょうか?)を支払う必要があります。 3、DRIVEWAYの問題 現在のDRIVEWAYは3mほどしかないために、もし3件以上の家が使う場合 DRIVEWAYの途中に車が交差できる場所が必要になり、その部分の確保のために 隣の家と 「DRIVEWAYを共有させてくださいというEASMENT」 作成をしなければならない作業が 発生してきます。 これも、費用の問題も考えて通常簡単にはOKが出ません。 4、最終的には3分割 この物件の売り文句は4分割申請中らしきことをうたってり、それらしい 文章も掲載されていましたが、役所へ確認したところ、4分割は今の法律上 無理ですが、自分たちの都合のいいように要望を書き写した用紙を 物件売買の欄に掲載していました。 いわゆる虚偽広告というものでしょうか? 5、プロテクトの木 早速、グーグルでサテライト調査をしました。 大きな、簡単には切らせてもらえないような木がたくさんありました。 役所の方も言っていましたが、おそらくプロテクト木があり、伐採できない 可能性もあるとの言でした。 そうなると、土地分割に大きな影響を与えます。 6、GEOTECHNICAL(土地強度) 少し、谷になっているために、 土地の強度調査 大雨時の表面雨水の進路、量などの検証 そういう状態だと、隣の家との日照権の問題も出てくる可能性もあります。 もし、上記のような土地強度などに問題があると強力な基礎が必要なため 工事代金が通常よりも多くかかります。 まとめ> 上記は基本的な土地分割時にでてくる現象なので、 ある程度でかまわないので、知っておくと便利だと思います。 役所、公共下水役所、木の管理、クロスリースなど 役所以外の様々な分野が絡みますので、とくに土地分割を投資目的で 購入する場合はそれなりの知識がある専門家による入念な事前調査を したほうが賢明でしょう。 >>>>>>>> ニュージーランド 日本人 建築会社 ジャパンホームズ 代表 岡部 雅彦 新築、増築、改築、から不動産投資、ランドスケープまで住宅に関することは お気軽にお尋ねくださいませ

    Continue Reading
  • no image
  • 「9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方」 福島文二郎 オーディオBOOK

      2011/10/29    Reading Book 読書

    「9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方」 福島文二郎 オーディオBOOK >1、ディズニー基本 CSを追い求める。 人は経験で変わる 笑顔、笑顔、笑顔 >2、育てる前に教える側の足元を固める 教える前にリーダーシップ(=尊敬される)が必要。 駄目なリーダーは自己中心、有言不実行   教える側(=トレーナ)の3つのポイント 1)論理的 常に論理的、効率的でなければならない。 その際にいつも利用するのが、金貨8枚の中に1つだけ質量が軽い1枚があり、 天秤を使い、それを見つけ出すのに、最低何回必要だろうという例を挙げる。 ちなみに、正解は2回。 2)心理的工夫が施されている。 人間は心で動いているので、その心を配慮しているか? ホスピタリティーがある。 3)教えるのに熱意があるか? 上記の2つがあってもこの熱意が無ければただの言葉になってしまう。 人は自分が扱われたように、他人を扱う。 >「見て覚えなさい」は危険 新人採用、新人教育は費用がかかるので、費用をかけたくないのは分かるが 論理的、合理的、心理的を考慮して教育に力を入れるほうが最終的には 会社に利益が上がる。 育て方を間違えると 問題点 1)適切なサービスが行かなくなり、CSが下がる。 2)サービスに対する社員の動機付けがないために、モチベーションが下がる 3)自分の後輩を育てられない。 結局会社にマイナス。 >3、ミッションを正しく理解して、後輩に伝える。 ミッションは「すべてのゲストにハピネスを与える。」 伝えるときに自分が質問を正しく理解しているかという確認は大切。 「これこれ、こういうことを聞いているのですか?」など どういうビジネスをしているのか?どういう人材を育てているのか? を全員が理解する。 #最終的に「組織は人のために存在する」 組織にもっとも必要なこと 1)ミッションつくり 2)ミッションを繰り返し、繰り返し伝え、心に刻む そして、 3)具体的な行動指針をつくる 問題が起きたときに優先順位があると決断が楽。 ①安全性、(健康を含む。これが無いと何もできない) ②礼儀正しさ ③SHOW (現場は舞台なので、そこに私的な問題を持ち込まない、服装はきっちりと) ④効率 (無駄なことはしない、金貨の話、1+1は3、苦痛を和らげる工夫など合理的なこと) ①から③までは、人間として当たり前のこと、そして、それができて効率や生産性の 話ができる。 しつこいが、繰り返し、繰り返し、が必要。 >4、後輩とどのように信頼関係を作るか? リーダーシップの条件 ①ホスピタリティー(相手を思いやる心) ②自己模範(有言実行を常に行う) ③堂々と後輩を見る(影から見たりしない) ④そして、良いも悪いも声をかける。 仕事の成果ばかりを気にしない。 成長や頑張りを褒めてあげる。 #人間は、「その人が力を出し切ったこと」に感動を覚える。 怖いのは一旦ついた会社風土はなかなか変えられない。 >5、良好な人間関係つくりと活発なコミュニケーション 相手の存在を認める 基本はFACE TO FACE 自己認識と他者認識があること理解。 そして、その自己認識と他者認識が重なっている部分。それが自己理解となる。 そして、コミュニケーションにおいて、自己認識が多ければ多いほど良好な人間関係が 構築できる。 #「汝自身を知れ」という言葉が偉大なのが改めて理解できました。 では、 どのようにすれば自己理解を増やすことができるか? それは、自分自身の情報をどんどん発信する。 自分はこういう人間です。 自分はこういうことができます。自分はこういうことをしています。 などなど会社に置き換えるとわかりやすいですね。 そして、もう1つは 他者の情報をどんどん取り入れる。 相互理解ということになります。 相手のことを大切に思うなら当然相手を知りたいと思う。そのための勉強。

    Continue Reading
  • no image
  • 今週の現場 24/10/2011

      2011/10/29    The Way We Work 仕事のこだわり

    今週の現場 24/10/2011 >日本のリフォーム会社との面会 今週は日本から、リフォームされていてニュージーランドに興味がある方とお会いしました。 今、現在工事が進行中の現場を案内したり、新築の進行状況を現地にて確認しました。 日本の在来工法と比べるとやはり、ニュージーランドの建築工法(2X4)は地震に強いという 話になり、ニュージーランドと日本に地震に対する考え方の相違もあり、 面白い話ができました。 日本では、基礎をより強固にして、横揺れの補強材も数多くを斜めに入れるの対して、 ニュージーランドは石膏ボードを横揺れ防止にしていて、 日本と比較すると、横揺れに対しての備えが少ないといえるでしょう。 また、日本のお城作りでは、基礎の部分に大きな石、小さな石、という層を形成させて 地震が起きても、その層で地震の揺れを吸収して、基礎はゆれるが、 お城は揺れないというお城を守る役目をしていたという 話を聞きました。 ニュージーランドでは、木材と金属ビームをMIXして構造を組み立てているのに対して、 日本では、違う素材は、地震に対してのゆれ具合がことなるために、一緒にできないという ことを知りました。ニュージーランドはガレージ、または、リビングでは、大きな空間が必要なため ほぼ、100%の割合で金属のビームが入っています。 また、今後も日本にある、優良な建築資材をニュージーランドに持ってきたいという ことなので、ニュージーランド側で、必要とされる商材を探し出すお手伝いが できればと思いました。 >ウォシュレットのWATER FILTERの不良品 ウォシュレットを使用中のお客様で ALL BLACKSの試合中にトイレに行くと、トイレが水であふれていて 大騒ぎになり、試合どころではなくなってしまいました。。。 原因はウォシュレットのWATERFILTERの破損が原因でした。 韓国製のウォシュレットのWATER FILTERの 根元に原因があり、水道管と直結しているために 水が大量に噴出してしまい、2Fのトイレだったために、1Fまで水の被害が いくという惨事になってしまいました。 もし、この件が外出中におきていたら比較にならないほどの大惨事になって しまうので、原因究明をしなければいけません。 販売代理店に確認をしましたが、 保障期間は1年で、このケースは1年半経過しているため、保障期間外ということもあり、 「今までこのような現象はない」 「新しい、部品を送るから自分で直しなさい」 という回答で、取替えパーツを送りつけて完了ということでした。 今まで、購入された多くのお客様より、「喜びの声」が多くあった 商品なので非常に残念な、商品の破損と、代理店の対応でした。 リコール問題につながりかねない問題になると考えており、 現在、製造メーカーに確認中です。 社員、自分、お客様とも、今回の対応に驚きを隠せないのとともに、 日本人の仕事に対する責任感、使命感の強さを改めて感じ取れた事件でした。 >>>>>>>> ニュージーランド 日本人 建築会社 ジャパンホームズ 代表 岡部 雅彦 新築、増築、改築、から不動産投資、ランドスケープまで住宅に関することは お気軽にお尋ねくださいませ

    Continue Reading
  • no image
  • 「適正なデザイン・資材選定、設計」が家の雨漏りを無くし、快適に長く住める家づくりができます。

      2011/10/25    The Way We Work 仕事のこだわり

    「適正なデザイン・資材選定、設計」が家の雨漏りを無くし、快適に長く住める家づくりができます。 >デザインと設計の前に? デザインや設計を開始する前に考慮しなくてはいけない点があります。 下記2つを考慮して新築を計画することで、雨漏りの可能性を減らす事が出来ます。 ・家を建てる場所、土地 ・雨に建てようとしている家のデザイン >どこに家を建てるのか? この選択は、お客様のニーズや好みにもよりますが、通常 「金額・ロケーション・将来への見通し」などといったことに強く左右されます。 しかし場所を選ぶ際に、強風、雨漏り、強烈な西日ということを考慮して どの場所に、どの向きで家を建てたほうがいいのか、ということを考えなければいけません。 また、方角のほかにもランドスケープもしっかりと雨水浸入のケースを考えて デザインしなければなりません。 ランドスケープにのミスによる雨水浸入で被害あり、 現在では、役所によるランドスケープ検査がうるさくなりました。、 >家のスタイルの詳細を考える また上記だけでなく、家の構造も雨漏りから家を守るために必要となってきます。 家のデザインはリスクスコアと言って、構造上で雨漏りのリスクが高いところがあります。 デザイナーが基本的に詳細を示してくれますが一般的にWeathertightness(防水性)のリスクは以下のポイントです。 ・風のあたる部分 ・建物の階数の多さ ・屋根/壁同士が交差する設計 ・軒の幅 ・エンベロープの複雑さ ・デッキのデザイン もしこのリスクスコアが高い場合、デザイナーと協力し、外壁、窓部、ドア、屋根と接合する部分への 一層の注意と、そしてどのように家を守るかという解決方法を考慮する必要があります。 >雨漏りのしない家を建てるためのデザイナーやビルダー選び? デザイナーやビルダーの能力は重要なポイントです。 彼らとはweathertightnessを考慮したデザインや建築について話し、 どれだけ理解、考慮しているかを確認して、慎重に選んでください。 デザイナーは常にベストな選択をお客様に提供し、何が必要なのか、 そしてその理由をわかりやすくアドバイスをする必要があります。 >ビルディングコンセント(建築許可)においてのweather tightnessの扱い 工事開始前にはビルディング・コンセントといって、工事着手の許可を市内のカウンシルに提出しなければいけません。 特に、デザインが特別な環境下におかれている場合 (雨風などにさらされやすい場所、weather tightnessのリスクスコアが20以上)ついては、 コンセント上に詳しい詳細の記載が必要となります。 2012年からは特別な建造物やデザインの仕事は Licensed Building Practitionerという資格保持者でなければ 携わることができなくなります。 >オーナーの安心を高めるために デザインや建物のクオリティの安全保障のために、デザイナーへ以下の物の提示要求が可能です。 ・LBPの資格保持証拠 ・施工をするビルダーのMaster Builders’ Federation若しくはCertified builders’ Association の資格 ・外壁構造の材料やその他家のシステムがBRANZ Appraisal Certificateか、その他クオリティや工程・作業を示せる証拠品 ・屋根、外壁、その他インストール済みの場所の保障 >工事着手中 工事の最中に、デザイナーは常に工事の進行具合をチェックしながらお客様にそれを伝えます。 一度許可の下りたビルディング・コンセントの内容からどうしても現場と図面が合わない状況などが生まれ 材料や工事状況などが変更になる場合にビルディングコンセントの変更が必要となるためにです。 ビルディングコンセントの変更無しに、デザイン変更や物の代用をすると、Code Compliance Certificateといって、 工事の終わりに役所からもらう、ビルディング・コンセントに基づき、許可のもと工事行われたというcertificateがもらえない可能性があるので、 注意してください。 >工事終了 デザイナーか現場管理者は、いつCCCや、energy work certificate(電気やガス関係)の申請を いつ完了し、いつまでにCCCが完了するかをオーナーに伝える必要があります。 これはビルディング・コンセントに基づいた最終段階の作業となります。 またデザイナーまたは、ビルダーにも今後の家のメンテナンスに関する必要な書類等をもらいます。 他にも外壁構造などで雨漏りの危険性が高い場所についても、チェックしておくといいかもしれません。 まとめ> 雨漏りしない家を建てるには、場所・環境も影響しますが、良いデザイナーやビルダー選びも重要です。 そして天候に左右されない家を建てれるように心がけましょう。 >>>>>>>> ニュージーランド 日本人 建築会社 ジャパンホームズ 代表 岡部 雅彦 新築、増築、改築、から不動産投資、ランドスケープまで住宅に関することは お気軽にお尋ねくださいませ

    Continue Reading