• Tony Liu

「更正法の町工場を上場させた男の話」 オーディオBOOK

「更正法の町工場を上場させた男の話」

IMV社長 小嶋 成夫氏 

世界NO1の振動試験の機械を作成している。

車、電車、飛行機などのコンピューターなどは常に、温度差や揺れにさらされているが、

その過酷な状況下でも常に正常にコンピューターなどが作動するかどうかを試験する機械を作っている。

藤沢久美さんと1時間の対談でしたが、大変面白い話をされていましたので、気になった部分を抜粋。

会社更生法の会社の管財人でその会社に入り、その会社の社長になり、さらにその会社を

上場させた男。

>社長は常に笑顔。

社員にとって、会社は人生の大部分と言っても過言ではない。

そのために、社員を不安にさせないためにも笑顔。笑顔。

エネルギーを上げる。

しかも、「笑う門には福来る」。怖い顔をしているよりも断然いい。

>社長は戦艦の艦長

乗組員を不安にさせてはいけない。

戦争中、敵機が攻めてきたときに、乗り組員はまず、艦長を見る。

その時に泰然自若として、構えることが必要。

そして、最後はこの船と一緒に沈むという覚悟で事に望む姿勢が大切。

会社もまったく同じである。苦難に挑むときこれを忘れない。

>結局人間は尊敬する人の話しか聞かない。

そのために、いかに尊敬されるか?

尊敬されるには、人間性も含めて「実績」しかない。

>念ずれば、花開く

「5年で売り上げ倍や」

「会社は上場や」

と念じなければ花は開かん。念じれば会社更生法の町工場を上場できる。

「念じるのが咲き(先)。」

法螺でもいいので、念じる。

・本当にそう思います。志を高く持ち、念じなければ何も成し得ない。

>TOPDOWN

会社のTOPのあり方で、その会社のあり方が決まる。

>常に変化をする。

今の時代で、変化しなければ、5年後に自分たちがどうなっているかを真剣に考えてみる。

その5年後でも通用する技術を身につける訓練をしなければ、

どうなるだろうと問いかける。