• Tony Liu

オーストラリア視察を終えて勉強できたこと。

オーストラリア ジャパンホームズへ向けての第1回視察

ジャパンホームズのニュージーランドでの通常業務は

一軒家の修繕、改築、新築、

商業物件、建築許可(ビルディングコンセント)取得業務、設計業務、

などをメインに行っておりますが、そのビジネスモデルをオーストラリアでも

展開できないかと思い今回、第1回オーストラリア視察旅行へ行ってきました。

ニュージーランドでビジネスを展開していて、オーストラリアへ出店へ向けての異業種でも

少しは役にたつ情報があると思われます。

>面談相手

弁護士、JETRO,建築会社、不動産会社、ドライバー、学生エージェントなどの

多岐にわたる業種の方と面談をさせていただき、ネットでは得られない貴重な情報を

教えていただけることができました。

>人口比率 オーストラリアJETROより

ニュージーランド,

オークランドの日本人居住者の人口約6000人

オーストラリアの日本人居住者の人口70000人

シドニーは35000人、うち駐在者が50%の

という数字や、貨幣価値の高さ、日本語で建築会社とネット検索しても

ニュージーランドのように建築会社が出てこないという背景より

かなり期待して、オーストラリアへ行きました。

>ビルダーから見たシドニーの街

これが、10年間もニュージーランドオークランドに住んでいるとすべての規模が大きい。

そして、ビルディングもニュージーランドと比べると、大きいのはもちろん、

綺麗なビルディングが多かったし、歴史を感じることもできた。

>ドライバーさんの話

行きと帰りに2人の違ったドライバーさんに話をお伺いすることができました。

シドニー近郊車で30以内などの便利がいい場所では、一軒屋は、

とにかく、高くて買えない。

2BEDでも80万ドル、ミリオンを超える家が多い。

そのためと、物質的に一軒家がシドニー近郊には少ないために、多くがレンタル。

>JETRO

・FIRSTHOMEBUYERへの政府の補助 7000ドルがある。

・賃貸より、一軒家を持ちたいというトレンドがある。

・今後、メルボルン、キャンベラで一軒家の需要がかなり見込まれる。

しかし、すでに日系大手、住友、積水系の建築会社がオーストラリアでは展開している

ために、大手と重なってしまう分野では、ジャパンホームズの強みが発揮できない。

・オーストラリアでの予想人口は拡大、

・公式発表されている住宅価格は1年間で1.8%の下落

・オーストラリア経済は、中国への資源輸出に頼っている。そのために、中国の動向は

非常に大切。しかし、それにも翳りがみえてきた。

・各国でビジネスをする際の比較調査を使える。

・オーストラリアで好調な日系ビジネス

飲食、理容、食品、移民、ツーリズム、小売業など

>建築会社

同業であるかたからの貴重な話。

・カジノ、ホテル、などのシドニーの大きな開発が数年前に完了し、それらの建築好況は完了。

・日本人の一軒家は需要がすくないために、商業物件を専門にしている。

・パースは鉱山があるために、いつでも好況。しかし、鉱山作業は重労働。

・競争が激しいために、価格低下、、品質向上の維持を求められる。

>弁護士

・オーストラリア人はニュージーランドに比べて親日家ではない。

・駐在員が多いが、彼らは自分の家ではない。

・日本人建築会社をオーストラリアへ売り込むために、建築家をマーケティングする。

・シドニーのイースタン、ノースは高級エリアなのでそこを狙う。

・商業物件は5年、10年で改装するので、そこを狙う。

以上です。

ニュージーランドと同じ形での展開というよりは、成長することも含めて新しい形で

オーストラリアで展開することをトライします。

具体的には、商業物件を中心に最初の一歩を踏み出していき、、

一軒家はコンサルタント業務(サブコントラクターの手配、住宅の悩み相談など)

を中心に進めて、タイミングをみて拡大を考えていくことになるでしょう。


>>>>>>>>

ニュージーランド 日本人 建築会社 ジャパンホームズ 代表 岡部 雅彦

新築、増築、改築、から不動産投資、ランドスケープまで住宅に関することは

お気軽にお尋ねくださいませ

0 views0 comments