• Tony Liu

スーティーブ ジョブズ の神の交渉力

Aスーティーブ ジョブズ の神の交渉力

1、

APPLEでの成功

PIXERでの成功

i Padでの成功

i Phoneでの成功

などなど数々の成功を収めるが、

自分で作った会社を追い出されるくらいの執念や

自己中心的な考え方は大いに勉強になる面がある。

しかし、これは、天才が使えるテクニックでもあると思う。

使うべきことを考える必要があるが、逆説的に考えるとやはり成功者のエキスが

大いにはいっている。

2、ビジネスには強烈なプレゼンが必要。

交渉にはじらしも必要。

引き出しを多く持つ。

>メディアとの付き合いかたを上手くする。

営業とは価値があるものを売ること。

今の時代で無口は本当に武器なのか?

情報LEAKは厳禁。

情報にも小出しは駄目。一極集中

TOPのみが話す。情報が一定している。情報戦略も5W1Hで考える。

3、

反省より反撃

和では勝てない、勝ってこそ和

有能な人材で固める

ストックオプションなどにぶら下がったら終わり

無能な味方は、潜在的な敵

情実無用、恩義を忘れて敵と手を結ぶ (情は時として、害になる)

味方を信じすぎると、、、、

>アメリオを追い出すときに、

マスコミを上手く使う

クーデターを何度もする。

$1 CEO

暫定CEOでみんなを安心させる。

良いものは全部自分で、悪いのは全て他人のせい

内にも外にも手を緩めない。

世間の人は、義理と人情が大好き。情報とは情に報いると書く

重要な局面では恩義では考えない。戦争時代がよい例。恩義だけでは生きていけない。。。

裏切るときはいきなり。

>レッテルがあればあとは、世間が勝手に物語は創る。

ビジネスにおいて、「得」と「徳」があるが、両方を欲しがることはできないし、

まず、「得」を稼ぎだすことができないと、いくら「徳」があっても評価されないし、できない。。。

成し遂げたことしか、世間は評価できない。

去るものは敵

4、妥当な案より、不当な案

限界を感じないと本当の智恵はでない。

ジョブズの能力は何が世界で認められるのかという嗅覚がすごい

しかし、見た瞬間はすごいとは言わずに、自分が管理できるようになるまでは、黙っている。

有能な人ほど、難しいことに挑戦する。

1984年の全米で1番有名な広告。

時間は関係ない。1日を24