• Tony Liu

バスルームやキッチンに換気扇をつけたい

バスルームやキッチンに換気扇をつけたい

>なぜ、換気扇がないのですか?

ニュージーランドでは日本と比べ、調理法(あまり煙が出るものはOVENを使用するため)の違いからキッチンに換気扇がないことが多いです。

>外からみても排気口ないのですがどこへ排気はどこへいっているのですか?

排気口がない場合、2つの方法が考えられます。

1つはフィルターを通して再度部屋の中に戻っている場合。

もう1つは天井裏へ逃がして終了。後は昼間の熱で蒸発されるという

システムです。

>たいていの家で換気扇は取り付けできますか?

基本的には問題なく取り付けが可能です。

ただ、天井は幅が少ないまたは、天井がない場合は壁のすぐ後ろに

障害物があるなど稀に取り付けが難しいケースがあります。

概算費用はいくらですか?

換気扇本体

キッチン用

皆様500-1000ドルくらいのものを取り付けられています。通常、排気量(モーター )が大きくなると高くなります。その他デザインなどで費用は異なります。排気量が小さいものはあまり煙を吸わないケースが多いようでなるべく、デザイン性以外にも排気量も購入検討材料にいれることをお勧めいたします。

工賃は350ドルからとなっております。

高所作業、

切断してはいけない柱の存在

仕上げの問題

電気の配線、

ダクト作業

などにより金額は大きく変更します。

バスルーム用

本体は200ドルくらいからの物をそして、

最も好まれているのが、3in Mixのタイプ。

排気FAN, ヒートライト、 電気、の3つのタイプのものです。

エコノミータイプ>

電気とFANだけのものの取り付け。

電気配線作業なし、

ダクト作業なし(既存のものへ取り付けまたは天井裏へ排気)

仕上げ作業なし、

これらの条件であれば最も経済的にお風呂場の湿気を取り除くことが可能です。

工賃は200ドルから可能。

色々なケースが考えられますので、まずは1度現場確認が必要です。

ご不明な点はお気軽にお申し付けくださいませ。

0 views0 comments

Recent Posts

See All