• Tony Liu

フリー  NHK出版 クリス アンダーソン 著

フリー  NHK出版 クリス アンダーソン 著

ネットビジネスをするならこれを読まなければといわれて読みました。

勉強になる部分が沢山あり、巻末のまとめがやはり全体を網羅しています。

P322

1、デジタルのものは遅かれ早かれ無料になる。

フリは選択肢の1つではなく必然であり、ビットは無料になることを望んでいる。

2、アトムも無料になりたがるが、力強い足取りではない。

デジタルの世界以外では、限界費用がゼロになることはめったにない。

しかし、無料には「決断を迫られない、損をしない」などの心理的要素が

大きいために、無料と有料を使い分けてマーケティングをしている。

それは真の無料ではなく、別の形で払っている。

3、フリーは止まらない。

デジタルの世界では、法律や使用制限によってフリーを食い止めようとしても

結局は経済的万有引力に逆らうことはできない。

4、フリーからもお金儲けはできる

時間を節約するためにお金を払う人がいる。

リスクを減らすためにお金を払う人がいる。

自分の好きなものにお金を払う人がいる。

ステイタスにお金を払う人がいる。

そういうものを提供して納得すればお金を払う。

無料の入り口からたくさんのビジネスに繋がる。

5、市場を再評価する。

ライアンエアは座席を売るのではなく、旅行ビジネスに特化した。

レンタカー、ホテル、娯楽施設、などよりのキックバックなどを利用して

座席を無料で提供したりもした。

6、ゼロにする。

あるもののコストがゼロに向かっているのならば、フリーは可能性ではなく

いつかはそうなるという時間の問題だ。それならば真っ先に無料にすればいい。

それは、注目を集めるし、注目をお金に変える方法は常に存在する。

無料にすることで何ができるかを、今から考えてみよう。

7、遅かれ早かれフリーと競いあうことになる。

無料競合商品に対して、

目の前の商品を無料にして別のものを売るか?

価格の違いを埋め合わせられるだけの差別化を計る。

8、無駄を受け入れよう

もしもあるものが気にならないほど安くなっているのであれば気にするのは辞めよう。

革新的な企業のほとんどは、価格のトレンドがどこへ向かっているのかを見極めて先回りしている。

9、フリーは別のものの価値を高める

潤沢さは新たな希少さを生みだす。100年前には娯楽は希少で、時間が潤沢だったが、