• Tony Liu

ユダヤ人大富豪の教え 2 その2  本田 健 著 オーディオBOOK ニュージーランド 建築会社

ユダヤ人大富豪の教え 2 その2  本田 健 著 オーディオBOOK 

7)人間のお金に対する9つのタイプ(これはローム時代からある)

1、浪費家 使うのに夢中

2、けち   消費は罪と考えている

3、ケチな浪費家 

4、貯蓄好き 貯金に夢中

5、心配性 とにかく心配

6、無関心 公務員、研究者が多い

7、清貧  お金は汚いと考える。宗教者

8、稼ぎ中毒 稼ぐ=人生

9、幸せな金持ち まわりをもっと幸せにする

8、お金と家族関係を探る

人間の性格はどうやってできる。?

お金との付き合いの原型を知る。

家族はバランスをとろうとする。

そのために、ケチの親だと、子供は浪費家になったり。

兄弟で性格が正反対というのも、そのため。

家系図を作る。親の影響を強く受ける。

覚醒遺伝 > 祖父母の遺伝が孫に伝わる。

例えば、親子3代を見本にすると、

祖母がビジネスに失敗して大変は苦労をすると、その子供は堅実なつまらない道を選ぶ。

大変な苦労よりは、何も無いほうがいいという考え。しかし、その息子はそういう父親をみて、

俺はもっと、派手で面白い人生を生きようと試みる。

そこに、息子と親の確執が生まれる。喧嘩が多くなる。息子は大変なときを知らない。

これが、典型的なパターン

親の影響を受けたことがない、子供を見たことがない。

そのために、自分の先祖を知り、それを最大限に活かすことが非常に大切。

9、ミリオネアの生きかた

それぞれのレベル