• Tony Liu

リノベーション(改築)について

リノベーション(改築)について

リノベーションというものは、決して安いものでもなく、またリノベーションをする中でさまざまな不便も生じます。

しかしそれによって、家の価値をあげたり、快適な住居に住む楽しみ・新鮮味も増えることも確かです。

ここでは、リノベーションをする際の一般的理由と、

リノベーションの際に生じてしまう過大投資を防ぐ方法を見ていきたいと思います。

>リノベーションの理由

リノベーションをする際には、下記の一般的な理由があります。

1.リノベーションをすることでその家のよりよい快適さ、使いやすさを求める。そして家の価値を高めようとする。

2.その建物を売ることを目的とし、売れる状態に家の設備等の修理・改築をする。

リノベーションはコスト的に高く、また予測できない支出がでる作業です。

その為、リノベーションを開始する前に、しっかりと時間を掛け、これは、必要な分の投資なのか?

若しくは好条件にするために計画を中断してじっくりと考えるという場合があります。

>販売目的ではない場合のリノベーションのもっとも多い理由

・家族の人口が増えるため、不自由しないように、新たに場所を加えるか、

若しくはシンプルに、狭さを感じさせない広い感じに仕上げる。

・自分の(家の)目的に対して、新しい部屋を加える

(仕事をする空間が必要ならオフィスを、子どもがいるならゲーム用の部屋を、など)。

・日当たりや眺めの良い方向に向けたり、空気の流れを良くするために、家の外形を変える。

・家を新しく改築をすることで、新鮮な感じにしたり、外観を時代の変化に合わせ、現代的なものにする。

(これには部屋を広くするために壁の取り除きやキッチンの取り換え、壁や天井の付け替えといったことが含まれます。)

・家を自分のオリジナルに改築や修復をする。

・家の価値を上げる。

>リノベーションが売ることが目的だとしたら考えること

大抵は「安価で綺麗に改装」且つ、「いかに今現在、家の購入を考えている人の興味を引くか」、ということを考えられるかと思います。

例えば、再ペイントや修理、古くなったり傷んだ家具や設備(ひび割れたバスルームの水盤など)の取り換えなどが挙げられます。

実際に売る際は、家の購入を考えている人の好みを考える必要があります。

例えるなら、壁紙の色はシンプルがいい人もいれば、派手な色を好む人もいますし、

ピンクのバスタブは自分には可愛すぎて・・という人も出てきます。

そのため、多くの人に宣伝できるよう、全ての物を公平に、偏らないようにリノベーションをするのがよいでしょう。

また、はじめから、自分の好きな色にしたいので、リノベーションをして欲しくないという方も中には

いますので、そういうケースも考慮しましょう。

主な、家の価値を上げる作業として、

キッチンやバスルームのペイント、そして家のスペースや景観があります。

>リノベーションがセール目的ではない場合での考えるべき注意点など

通常、リノベーションをされる場合、

「自分自身がその家に求める快適さ・楽しみを増やす」といったものへの投資となります。

費用が大きい為、出費して家の価値を上げ、さらに、それが市場の価値とあまりかけ離れて

いないかを考える必要があります。なぜなら、

人間というもの新しいものに対する好奇心や手に入れたいという願望に弱く、自己満足で多額の

投資をしてその後色々な人生の転換事象に対応することを忘れてしまいがちになります。

例えば、子供の独立、離婚や事業の傾きなどが考えられます。

また、多額の融資で改築をされる場合は、もし売らなければいけない状況になった場合、

金額が返金されない可能性もあります。

>工事が予想以上に経費が必要な場合、以下の点を考える必要があります。

・全ての問題と向き合い、それらにたいする費用対効果を考える。

・価値が見出せない場合、それを売って、別のもっと自分に合っている物件の購入を検討する。

>DIY(DO IT YOURSELF)

日本でも日曜大工という言葉がありますが、

多くのニュージーランド人は、リノベーションにかけるお金を節約するために、

自分自身でリノベーションをします。

実際にどれくらいのことを自分でできるかというと、それはその人のスキルや時間、体力に寄りますが、

作業の中には、必要な資格を保持していないとできない作業もあります。

そのためにビルディング・コード(建築基準)について考えなければいけませんし、また、

ビルディングコンセント(建築許可申請)を獲得する方法も考えなければなりません。

多くの人々はペインティングや壁紙を張ったり、簡単な大工仕事をしていますが、

DIYに限りませんが、

DIY作業をする場合においても、事前に作業を行う上での知識、能力、時間、材料等の計画や

家の状況(シャワーが使えない、キッチンが使えない)

などについても十分考える必要があります。



>>>>>>>>

ニュージーランド 日本人 建築会社 ジャパンホームズ 代表 岡部 雅彦

新築、増築、改築、から不動産投資、ランドスケープまで住宅に関することは

お気軽にお尋ねくださいませ

0 views0 comments

Recent Posts

See All