• Tony Liu

ロジカルプレゼンテーション その2 高田貴久 オーディオBOOK

ロジカルプレゼンテーション その2 高田貴久 オーディオBOOK

10、縦の論理(本当にそうなの)を構築

縦の論理が繋がらない3つの原因。

1、前提が違う。暗黙の前提。(生きてきた経歴が違う、解釈がちがうためにおきること)

  そのために、前提がない、社外の人のほうがよい「意見」を言えるケースがある。

2、 異質のものの同質化

たとえば、たくさんの果物の中に、1つだけ野菜が入っている現象。

自分の詳しくない業界はもっと細かくしたほうがいいかと疑う。

3、偶然の必然化

11、横の論理(それだけなの)を構築

大抵、言葉のレベルがあっていない場合におきる

視点が違う(社員と社長)

きり口がそろっていない。

上記があると、ネジレがおきる。

それを防ぐためには、

誰の言葉かを考える

また、どういう場面を想定しての言葉かを考える。

言葉のレベル感を合わせる。

12 フレームワークを用いて漏れをなくす。

フレームワークとは、物事をAとBとC で全体がDです。

と全体を把握する。

既成のフレームワークだけでは、カバーしきれないことがあるために、

「自分のフレームワーク」を作るくらいの姿勢が大切。

そのためには、6次元で考えることが必要。

1-3次元 目に見えるもの

4次元 時の流れ

5次元 情報などのものの流れ

6次元 人の気持ち

例 マーケティングの5P で考えてみる。

Product、(目に見える製品)

Packaging、(目に見える綺麗な梱包)

Place、(目に見える、お客様がいて、売り場がある)

Promotion (時の流れ、宣伝活動 目に見えない)

Pricing、(価格はお客様の気持ちに繋がる、目に見えない)

最後にダブりをなくす。

第3章 仮説検証力 疑問に答えるステップ

ポイント

論理的に正しいからっといって相手の疑問に答えているとは限らない。

相手の疑問に答えるためには、仮説検証思考が必要。

仮説検証型ステップは以下の5つですすめる。

目的の把握 

論点の把握 相手の要望を理解。

仮説の構築

検証の実施

示唆の抽出

コミュニケーションを潤滑にするとは、

1、話している話題の理解は簡単、ではなく相手の