• Tony Liu

世界で稼ぐ人、中国に使われる人、日本でくすぶる人 

世界で稼ぐ人、中国に使われる人、日本でくすぶる人

キャメル・ヤマモト 著 幻冬舎

1章まとめ

2010年日本では個人レベルでグローバル競争が始まった。

日本を代表する企業がどんどんグローバルを進めている。

世界的に見てもグローバル化、フラット化、情報化が進んでいる。

フリードマンによると、世界は3つの人に分けられる。

「稼ぐ人」世界をまたにかけて働く「全球人」になる。

「安い人」とは低い報酬でもローコストで生きられる「現地人」

「余る人」とは日本国内にとどまる内向きの「内国人」

このグローバル社会において、日本人が全球人になって勝ち残るためには

「語学力を含めた外効力」

「世界で通用する専門性」

「世界の人を動かすリーダーシップ」

が必須になってくる。

2章まとめ

>外交力とは「様々な外国人の間にまぎれこんで、交わりながら色々なことを成し遂げていく。」

>この外交力は

「語学力、コミュニケーション力」

「人脈を広げる力」

「世界情勢を判断する力」

に分類される。

>英語を今、この瞬間から磨き始めよ。

毎日10個ずつ覚えて、3ヶ月で500個覚える。

英文をとにかく、暗誦する。

とにかく、世界にでよう。

日本のランキングを世界ランキングで見よう。

世界史や世界地理を勉強しよう。

3章 まとめ

専門性はあなたの企業で通用する専門性から世界で通用する専門性に

磨きあげる必要性がある。

そういう専門性は「職能」「事業」「地域」での切り口で考えるとよい。

・職能の専門性とは、研究、開発、マーケティング、IT、法務、財務などの専門性である。

・事業の専門性とは、その事業に関わる専門性で、業界や市場、顧客や競合についての知識、

担当する事業のバリューチェーンや成功要因や強み、弱み、機会、脅威についての知識や