• Tony Liu

世界の伸びている中小、ベンチャー企業は何を考えているのか?  安西洋之 著  その1

世界の伸びている中小、ベンチャー企業は何を考えているのか?  安西洋之 著  その1

まえがき

本書は、中小企業ベンチャーの経営に携わる方に読んでもらうために書きました。

大企業が海外の中小ベンチャー企業の実情を知る為に書いたのではありません。

大企業にお勤めの方は、読まないでください。


benntya.jpg

なんとも表現が面白いまえがきである。

一応、自分も世界のベンチャー企業の1人となるのかなと改めて思いました。

まず、いつも思いますが、ニュージーランドでは、小さい事や田舎に属していることについて、日本と比べると、ぼ偏見が無いと思います。

この本を読み、同じようなことが幾度と出てきました。「グローバルなのでそれに従え!!」といっても

正直、中国人やインド人がそれに従うとは長年の経験上思いません。我独尊ではないですが、自分たちの先祖の考えや価値観を優先に考える事は、本人から見ると自己中心に見えて辛い時もありますが、報が混沌とする現代では、カッコいいと思う部分もありますし、非常に重要な考え方だと思う。

この本の構成だが、様々な国の中小ベンチャー企業の経営者に

1)企業が伸びる為の3つの要素を確認

2)国境をどのように活用しているか?を主に質問している。

1章 IT業界で伸びている企業

1)重複する基本的な回答が

ビジョン、人材、事業の集中である。

ガラス張り経営 インターンでも色々な情報を共有できる。

これで、決断が速くなるし、経営に参加しているという意識が高まる。

「ワークライフバランス」を意識、個人的な問題にも入り込む。

ニュージーランドではそれなりに出来ているなと思います。日本ももっと取り入れるべき。

ビジネスパートナーの重要性。スピードが速すぎる為に1人が全てを学ぶ時間が足りない。その部分を