• Tony Liu

世界1受けたいお金の授業  オーディオBOOK 和仁 達也 著

世界1受けたいお金の授業

筆者は経営コンサルタント

人間をワインにたとえると

通常の人はなんでも「自分にはできない」というコルク栓をしてそこから抜け出せない。

しかし、いわゆる成功者という方は、より成功している人にその栓を抜いてもらうのがうまい、

または、自分で抜くのが上手い人。

栓を抜くのが上手い有能な人とどんどん付き合う。

>お金の使い方には2種類

自分の価値をあげる使い方”’格を引き上げる。良いスーツを着る。良い食事をするなど

自分の価値をさげる使い方”’終電のれずのタクシー代金、内輪の愚痴の飲み会、行かないジム料金など

どうすれば価値をあげる使い方ができるか?

1、買い物の価値基準を持つ

欲しいものがあっても1Wの冷却期間をおく

リターンを常に把握

収入と支出を常にコントロール

人との出会いにはお金を使う

>ブロックパズルで考える。

これが使えれば1人暮らしも、4人暮らしも、会社も、国家も同じにお金の流れがわかる。

そもそもお金はとは?

「価値交換できる道具」でしかない

ケチと節約の違い。>

他人を喜ばすためにお金を使える人は節約者。

つねに場の雰囲気も考えずに自分の利益しか考えない人はケチ。

>経済を断片的に見ない。常にラフでいいので全体みる。

3章 会計の前に家計簿

学校の成績は通信簿

会社の成績は決算書

お金のたまる家計簿の作り方

収入と支出を常に考える。

それが、

手取り収入を把握(すべての税金を引いたもの)

生活費、娯楽費を把握し、支出を管理。

日本は50兆の税収があり、毎年、85兆使うので、35兆の赤字。

しかし、まだ、日本の個人国債が1500兆あるために、どうにかなっているが、

そのままでは、それが破綻するのは言うまでもない。

日本はなぜ不景気>