• Tony Liu

人前で3分間、あがらずに話せる本  金井 英之 著 を読んで スバル社

人前で3分間、あがらずに話せる本  金井 英之 著 を読んで スバル社

7月に日本、出張の際に30人の前でニュージーランド投資家VISAの説明をしたが、

かなり緊張してうまく話すことができなかった。

良いチャンスなので、今回は人前で話すことを練習しようと決意して購入したオーディオBOOK。

1-3

話は3分間の話の塊。

あがり症はみんなが持っているもの。そして病気ではないので訓練すればOK。

練習、練習、練習すればスピーチはうまくなる。

・聞き手はそれほど真剣に聞いていない。

(言われてみればそうだと思った)

・対目練習法

できる限り、大勢の人の中にいる場合に

自分がスピーチをするんだということを暗示をかけて、将来の練習をする。

・マイナスを考えない。

スピーチを失敗したらどうしよう。みんなの前で恥をかく。などの

心配を考えすぎない。

「潜在意識が9割の行動を決める。」

氷山をイメージするとわかりやすい。

表面に見えているのは全体のわずか10%のこりの90%は目に見えない。

潜在意識はどんどん鍛えることができる。最初は意識してするが徐々に意識する必要が無くなる。

=能力になる。

以前読んだ本でも

意識できない

意識できる

無意識でできない。

無意識でできる

という流れが本流なのでこれをこつこつするしかないと書いてあった。

・自分流の落ち着けるようにおまじないを考える。

(家族の写真やおもしろい出来事、壮大な夢など)

・文字ではなく画像でイメージする。

また、相手に伝える場合も最後は画像で締める。

画像でイメージしてもらうとより記憶に定着してもらえる。

5、