• Tony Liu

仕事はかけ算  鮒谷 周史 著 かんき出版 その2 ニュージーランド 建築 会社 

仕事はかけ算  鮒谷 周史 著 かんき出版 その2

第3章 20倍で仕事ができるようになる、自分のすごい変え方。

1、日本には富士山しか存在しないという錯覚を利用して、何でも良いから1番になる。

  通常、2番目は浮かんでこない。これは、以前、カメラの例もあったように、地域1番店、メーカー、機種まで

  絞り1番店になる原理と同じ。

  とにかく、業務を絞り込み、1番になる。

2、ワンランク上の環境に身をおいてみる。

  飛行機でも、ホテルでも自分より上の環境に身をおいてみると、新しい世界がある。

4、最初は人より、劣っていても良い、成長の過程をありのままに見せることが人を惹きつける。

  ドラゴン桜、ドラゴンボール、ドラゴンクエストなどなど、主人公の成長物語が読む人をひきつけるのと同じ。

  今の自分をあまり気にしない。

5、手に入れるお金を目標にしない。

  提供できる成果に集中する。

  良い方法としては、1時間あたり、今、自分はいくらの価値があるのかを常に意識する。

7、自分の中で色々な突然変異を起こし、「淘汰」のプロセスを経て、生き残ったものが

  「進化」した姿になる。

  進化するためにはどんどん新しいことにチャレンジする。

  進化しないと1時間あたりの成果はあがらない。

8、情報や人脈を溜め込んでいるだけでは、大した成長はない。どんどんフローさせる。

第4章 人的ネットワークこそ、掛け算で無限大に広がる。

1、人のつながりを意識して、「見えざるネットワーク」を意識して仕事を進めていく。

  ユダヤ人でも言っているように、人のネットワークは通常 200-300人。

  そのため、知人の知人は90000万人といういうようになる。

  どんどん、色々な人に会い、恩返しを10倍にしてするという気持ちで接する。

  その他、ブログ、メルマガ、WEBなど自分よりの発信作業をどんどんする。

5、対面と非対面では、必要なスキルが違うため、ネットでのコミュニケーションは、テキストに

  感情をこめて行う。

  「メラビアンの法則」話し手が聞き手に与える影響を構成する要素は?

  言葉 7%

  声、トーン 38%

  表情、身振り、手振り 55%

なので、会えないときは言葉のみでのコミュニケーションになるので、十分に気をつける。

とにかく、明るく、笑顔で接する。

第5章 どんな言葉を発するかで自分の結果に天地の差がつく

どんなときも「ありがとう」。とくに苦しいとき、辛いとき。

心を鍛えるのも、筋肉を鍛えるのも同じ。苦しいことをしなければ、鍛えられない。

もちろん、適度に鍛える。

「お金がないという言葉は口が裂けても言ってはいけない。」

資本金が無い、商品を買うお金が無い。事務所を借りスお金が無い。

など、など、お金が無いを言ったら何もできない。もっと、違うものにフォーカスする。

3、否定系は逆効果

「事故を起こすな!!」より

「ご安全に」が全然良い。

スリップ注意というと、スリップを意識してまう。

4、できるか、できないかを自問自答しない。「とにかく、できる」を確定系にすると

  脳の機能は飛躍的に向上する。