export function dropdown_OnChange(event, $w) { const indexOfItem = event.target.selectedIndex; $w('#BedRooms').getItems(indexOfItem, 1) .then((results) => { let yourItem = results.items; $w('#Image').src = yourItem[0].Image; }); }
  • Tony Liu

床の音鳴りについて


2Fの床の音鳴りがひどいんです。というお声を良く聞きます。

対処方法を簡単に概算金額等も含めてご案内いたします。

音鳴りの最大原因は、

溝無しの釘で床板を固定しているため、床板があがったり、下がったりするために音が鳴っています。

ただ、正直申しまして、設計、材料、釘など原因が複数に及ぶため完璧に直すことは正直難しいです。そして、本格的にとなると床板をはがしての作業になるのでちょっと、大工事につながります。下記に一応(3BEDROOM2F)をサンプルにした例を挙げます。

①簡単な方法(経済的だが、仕上がりに満足できるかはお客様次第)

音鳴りの最たる原因が溝がない釘で床板を固定しているために、床板が上下、左右に動くためです。

補修の方法は、一旦カーペットをはがして、

溝がない釘を抜き、釘の横に溝があるねじを大量に打ち込みます。

この方法で、おそらく70%くらい軽減できるだろうという感じです。

(問題解決の残り30%は床下や床板JOINTからの音鳴りのため)

工事直後はかなり改善されても、再度、温度差などにより床板の隙間などがなくなり音などがなったり、

また、構造部分の歪が原因の場合などがあります。雨漏りと同様、各家により、色々なケースが考えられます。

工事費用は1000ドル+カーペット修復300ドル前後+GST

いままでは、大体、工事の際にカーペット交換作業をしています。

②床板を切る方法

既存の釘を抜いて、床板をはがします。ただ、壁の下の床板をはがすことはできないので、壁の手前10cmくらいの

ところに丸鋸を使用して、切ります。

それから、その部分にJOISTNOGといわれるサポート用の木材を通常40cm置きに入れていく地味な作業が必要です。

その際に床板の下の構造にあたる部分のFLOORJOISTとBOUDRYJOISTとの付根の部分も確認し補強します。

フレーム部分木材の音鳴りを確かめてから、床板を戻します。

このときに前述したように、床板のJOINTなどを注意しながらスクリューで固定していきます。

前述の①の工程に比べて、約3倍くらいの手間がかかりますが、これでほぼ完璧に持っていくことができます。

ビルダーの作業はは概算で2500ドルくらいでしょうか、もちろん家の大きさや状況により異なります。

その他、カーペットのことも考慮に入れなくてはなりません。

最後に、床の音鳴りは、それから床が抜けて、下に落ちてしまうなどの構造的な危険性は

限りな無いに等しいと言って過言はないでしょう。

>>>>>>>>

ニュージーランド 日本人 建築会社 ジャパンホームズ 代表 岡部 雅彦

新築、増築、改築、から不動産投資、ランドスケープまで住宅に関することは

お気軽にお尋ねくださいませ。

0 views0 comments

Recent Posts

See All

Copyright © 2019 Japan Homes. All rights reserved.