export function dropdown_OnChange(event, $w) { const indexOfItem = event.target.selectedIndex; $w('#BedRooms').getItems(indexOfItem, 1) .then((results) => { let yourItem = results.items; $w('#Image').src = yourItem[0].Image; }); }
 
  • Tony Liu

数年前に投資目的でハウジングニュージーランドで2棟を購入されたお客様での事例

今月にありました、お話です。不動産のスペシャリストではないですが、勉強になったことが

たくさんありましたので、記載します。

>>

数年前に投資目的でハウジングニュージーランドで2棟を購入されたお客様での事例です。

①購入時期 

 2007年

②購入金額

 (為替 当時 NZ$80.00)

 NZ$350,000

 NZ$350,000

③投資内容

 自己資金 NZ$200.000(30%)

 融資額  NZ$500.000(70%)

 弁護士費用 NZ$4.000

④現在も管理費用等毎月出ている状態のため、今回販売をお考えになられました。

⑤売却金額

損切りではなく、出資したお金が戻ってきて更にプラスαが欲しいという金額設定をご希望。

しかし、

購入価格が1件につき、350,000ドルであり、現在の査定が325,000ドル、売買時には弁護士費用が2000ドルほど掛りますため、

現在、325,000ドルのものを350,000ドルで売って、初めてNZドル価ではトントンとなります。

更に為替が購入時の80.00円に対して現在は63円くらいですので、1NZドル毎に17円の為替差損が発生します。

つまり350,000ドル×17円=約600万円の損が発生します。

よって、この600万円も取り返したい、となりますと、その分も上乗せして売却する必要があり、単純計算で95,000ドルの上乗せ、つまり、1件につき、

455,000ドルにて売る必要があります。 現在価格が325,000ドルのものを455,000ドルにて売る必要があります。

この数字を見てお分かりの通り、どうやっても無理(325,000ドルの物件を455,000ドルで買ってくれるお客さんはおりません。)

購入なされた時より、為替も円高となり、物件価格も下がってしまった為、この様な結果になったものであります。

なお、もし、通常に売却をした場合、つまり査定価格である325,000ドルで売却した場合、

弁護士費用を控除して手取りが2000万円ほどとなり、当初ローンを含め3000万円近くでの購入ですから、1件につき800万円の損が出ます。

⑥まとめ、

為替の影響、住宅価格の下落が最悪の形でていますが、

毎月出て行く費用も痛いですが、ここは、為替の回復を待つということで様子をみることになりました。



>>>>>>>>

ニュージーランド 日本人 建築会社 ジャパンホームズ 代表 岡部 雅彦

新築、増築、改築、から不動産投資、ランドスケープまで住宅に関することは

お気軽にお尋ねくださいませ

0 views0 comments

Recent Posts

See All