• Tony Liu

結果を出すリーダーはみな非情である を読んで その1

結果を出すリーダーはみな非情である を読んで 

内容紹介

明治維新も第二次大戦後の復興も、革命の担い手はいつの時代も、企業でいえば課長クラス、ミドルリーダーだ。

日本も今の混迷期を脱するには、ミドルリーダーの踏ん張りが欠かせない。

社長も含めて上司はコマとして使い、最大の成果を上げる–。

自分がトップのつもりで考え行動するリーダーシップの鍛え方とは?

著者について

冨山和彦(とやま・かずひこ)

経営共創基盤(IGPI)代表取締役CEO。ボストンコンサルティンググループ、コーポレイトディレクション代表取締役社長を経て、

2003年に産業再生機構設立時に参画しCOOに就任。

解散後、IGPIを設立、数多くの企業の経営改革や成長支援に携わり、現在に至る。

オムロンやぴあの社外取締役、朝日新聞社社外監査役のほか、多くの政府関連委員を務める。

1960年生まれ、東京大学法学部卒、スタンフォード大学経営学修士(MBA)。


ダウンロード.jpg

1、

部長より、社長より課長のほうが現場を知っている。

上からも下からも1次情報が入ってくる。

2、なぜ、若い者にリーダーシップが必要なのか?

「安定期(=平時)はうるさい奴はいらないが、変革期(=有事)はいる」

維新後、戦後も、戦国時代もとにかく、うるさい若い奴らが時代を変えてきた。

しかもし、実際に変えてきたのは中堅どころの課長クラス。

日本は「現場力」で成り立っていると言っても過言ではない。

また、右肩上がりの時代で現場が何をするかをはっきりするのがわかっていた時代はそれで良かったが、

現代のように混迷しているときは駄目。

また、日本人は「早期に切る」ことをしない。

保守派、革新派ともに誰にも良い顔をしたがるため。

そして、傷が大きくなってどうにもならなくなってから、決断をするので、被害が大きくなる。

太平洋戦争が最たる例。もっと早めに辞めることができた。

とにか