• Tony Liu

脳に悪い7つの習慣 幻冬舎新書 林成之 著 聴いて ジャパンホームズ ニュージーランド建築会社

脳に悪い7つの習慣 幻冬舎新書 林成之 著 を聴いて オーディオBOOK

1、脳の仕組みが分からずに、計算などのトレーニングなどでは、いくら脳を鍛えても効果が薄い

では、どうすれば効率的に鍛えることができるか?

それを逆説的に悪いことから焦点をあてて効率の良い方法を導き出している。

脳は

まず物事を全て

1)好き、嫌い という分別し、レッテルを貼ることから開始

2)それから、理解し思考する。(ダイナミックセンターコア 「こころ」がここである)

3)その後、自分のためになること、などを記憶する。

「好き」と思うことことから全てが始まる。

「嫌い」と思うと全ての昨日が悪化。

2、興味が無いと物事を避ける

脳は本能に逆らえない。脳細胞は生まれたときからすでに下記の本能がある。

1)生きたい

2)知りたい

3)仲間になりたい

そのため、人間は家庭を作り、文化を創り、宗教を作った。

しかし、上記が複雑な人間社会を形成している。

上記の構造のために、「自分さえよければいいという成果主義」はうまく機能しない。

なぜなら脳は安定を求めている。上記の1-3の集大成が

「社会貢献、他社への役立ち」

そのために、ボランティアや募金をすると言葉では説明できない幸福感がある。

赤ちゃんの本能は知りたい。知りたい。

4歳まではお母さんを知りたい!!これだけと言ってもいい。

そのために、赤ちゃんがゆっくりと成長できるように本当のお母さんが

しっかりと成長を助ける。(仕事復帰が早い事はあまり良いことではない)

<反対意見について>

脳は安定、統一性を求める(そのために、整っている美人等がもてる)

自己保存のために論争に勝とう(過剰だと身を滅ぼす。。。)

という大切な思考もある。

上記の影響で反対意見が悪いのに、それを言っている人まで嫌いになってしまう。

しかし、注意するのは反対意見と人格をわけること。

3、いやだ、疲れた、などの否定用語はいわない

  無理、無駄だも否定語。

感情を作る > えいてん神経群

すべての情報は最初のえいてん神経群でまず、処理

その際に最初に説明したとおり否定的だとうまく処理できない。

おもしろくない、好きでない。も良くない言葉>