• Tony Liu

評価経済学社会 その2 岡田斗司夫 著 ダイヤモンド社

>貨幣から評価へのバトンタッチ

>評価経済社会の勝者

今後は誰もが、貨幣ではなく、他人に影響を与えることを競争する世の中になる。

寅さんが他の役をできなかった例

中畑清、堀内が政治家を落選した例などが

分かりやすい、その人のイメージ、評価がもっと判断される時代になってくる。

>評価資本に基づく「影響力」のある企業

ディズニーランドが天気的な企業。

ここはバイト不足に悩んだことがありません。

また、ステイタスが非常に高いです。

では、他の企業とディズニーランドにあるものとは?

「何か漠然としたプラスのイメージがある」これが非常に大切。

こういうものを資本力ではなく、評価資本となる。

そうなると、付加する関係のないものまで売れるようになる。

戦争も「儲からなきゃしない」

結論的にはイメージを確立すれば、その後の商業活動で有り余るほど

初期投資費用は回収できる。

これに対して、評価はお金では買えない。

>SONYとAPPLEの違い。

>評価資本の投資と回収

可能であればボランティアの人を多く集める。

また、その人達の士気が落ちないように常に拡大を心がけなければならない。

FANを多く集める。

将来を見る人は、目先の収益よりも、将来の評価資本を期待して勝ち馬を買う。

>政治の意味の減少

今後は、「政治」といういうものの意味、関係全体が薄くなって、政治がどうなろうと

私達の幸せにはほとんど影響がなくなる。

例)

100年前の世界とは、戦争のこと。

50年前は世界とは政治。

今の人は世界とは経済のこと

しかし、将来は 世界とは評価になる。

4章 幸福の新しいかたち

>人を「中身で判断する」とは

学歴や家柄などは意味を持たなくなる。

また、価値観は選ぶもの。

その価値観のフィルターを通して色々な「翻訳」をされる。

>非就職型社会

就職氷河期

中高年のリストラ

楽観的な景気の回復を語る人はいない。

1つの国の繁栄とは、他国からの搾取の結果である。

搾取できなくなると、国の繁栄が終わる。

また、、PCとネットの出現で多くの人の仕事がなくなった。

そこで、ますます「慢性的な失業」状態は続く。

また、SOHOでの仕事が求められるようになる。

>「近代的自我の呪縛と限界」

TPOに応じて自分を変化させることが大切。

ただここで、近代的自我の

「自分というのは1つの価値観に統一された判断主体でなければいけない」

という思想と戦う。

しかし、情報革命時代により、その近代的自我が立ち行かなくなっている。

>情報化社会で求められる才能

情報の総量が多くなってくると、個人がそれを全て処理、整理するには限界があります。

ここで、今後重宝される人間は

「整理屋」です。情報とそれについて膨大な解釈が氾濫する中、それを手際よくまとめて

「情報+解釈」をパッケージで提供できる人間が求められ、評価されていくでしょう。