• Tony Liu

評価経済学社会 岡田斗司夫 著 ダイヤモンド社

評価経済学社会 岡田斗司夫 著 ダイヤモンド社

お金の時代から評価の時代へ。

100年前の未来、50年前の未来の予想図を紹介。

技術の進歩は社会常識を変える。

>高名な未来学者、アルビン・トフラーの予言

「今まで、人類の歴史を変えてきた大きな変化を3つの波にたとえる。第1の波は農業革命。

第2の波は産業革命。そして第3の波は今現在おこりつつある情報革命。それぞれ、農業、産業

の革命時には大きな価値観の変化がおきている。」

そのため、現在生きている我々はおおきな価値観の移動が求められる。

>ネットによる暗黒面

価格破壊による、小売店の閉鎖

人間の仕事機会の消滅

「教えてもらう・感謝する」などの人間関係の消滅

ネット犯罪

ネット中傷(いい加減な情報が半永久的に残る)

などが挙げられる。

>経済的な幸せより、「今の自分の気持ち」が大切。

「自分の可能性を知りたい。」

「やりがいのある仕事がしたい」

などの考えが主流になり、

いい大学、いい会社というシステムが崩壊する。

そのために、家族と離れる、分かれるというのも当たり前になってくる。

>宗教、科学は死んだ。

人々が無批判に宗教を信じる時代はもう来ない。

合理的な宗教、が良いですがそもそも、人生の全てを合理的、論理的に説明はできない。

また、科学は絶対ですべてのことをかなえることができると信じている人は今はいないでしょう。

>科学至上主義、経済至上主義という少し前の時代の価値観が

きのうしていないので、みんなの価値観の共有ができないためにぶれている。

しかし、今度は、「評価経済社会」が訪れる。

2章パラダイムシフトを考える。

>農業革命がおき産業革命などが起きると社会のシステムがかわり、人々の価値観が変わる。

農業革命の際は以前は保存する。ということが現実的には難しかったという背景もあり、

富をもつという概念が小さかった。

しかし、「もてるものと、もたざるもの」が生まれてた。

その後、封建制度に移り、身分制度が生まれて身分という「価値観」を

植えつけて支配しやすくしようとした。また、同時に「宗教」も生まれて

これもまた、「価値観」を植えつけることに成功する。