• Tony Liu

部下のやる気を育てる 後半 を読んで    ニュージーランド建築会社 ジャパンホームズ

「部下のやる気を育てる」 小林えいじ 著 を読んで 後半部分

前回も書きましたが、やはり、後半にもいい部分があったので、書きます。

ビジョン(将来設計は毎日作り続ける)

なぜか、

ビジョンは記憶できないから。

ビジョンを作り続けないと、

このままでいいのかな?

今のままで大丈夫かな?

極論になりますが、

毎日毎日、将来を考え込み過ぎて、人生を苦しいものにしている日本人には耳が痛い話だと思います。

自分も日本にいるときは良く思っていましたし、こちらに来ても苦しくなるとそう思いますが、、、

でも、そんなときは、スクールウォーズのYOUTUBEを見ます。

http://www.youtube.com/watch?v=hE3zOyVLPRA

今、自分がしていることをひたむきに生きないで短い人生でいったい何をするのか、、、

>>>>

そして、最近、色々な人にあって多い悩みですが、

一念発起して、日本からニュージーランドに来ていて、少ししかたっていないのに、まだ、

本当にニュージーランドでいいのかな?

他にもいい場所があるんじゃないのかな?ニュージーランドは小さいしなどなど

目の前にあることから逃げ出すための理由見つけにはひたむきに努力している人が多い。。。

自分ももちろんそういう時期はたくさんありました。

でも人生の選択に悩んだときこそ苦しい道を選んで自分の殻を破ってきました。

まあ、まだまだ大したこと無いですが、、、、

>>>>>>>

話が脱線しましたが、

ビジョンを毎日作り続けて

フィードバック(復習)と

フィードフォワード(予習)を怠り無く実践します。

そして、とくに大切なのはフィードフォワードで端的にいうと

「成功とはいかに未来を正確に予測するか」

と言っている。かっこいい言葉。

ほとんど仕事が利益を確保することが仕事なので、まさにどの馬が勝つのかと同じ理論。

さまざまデータを駆使し、自社の会社の製品やサービスを将来史上で席巻できるように

今、体力を整え 未来という海で贅沢に泳ぐということだろうか。

そして、予測していないことがおきると人間はへこむので、

一旦こんな、やばいことがおきるで!!などフィードフォワードで訓練しておくと実際に起きたときに

対応しやすい、予測していたから。なるほどと思う。先が見える苦しみは我慢できる理論。また、遠くの灯台の灯かな。

とにかく、そういうこと(楽しくなる未来)ばかりで頭をいっぱいにすると、

下らんことを考える時間やスペースが無くなるので、よりポジティブになる。

もし、他人や部下を励ます具体例には