export function dropdown_OnChange(event, $w) { const indexOfItem = event.target.selectedIndex; $w('#BedRooms').getItems(indexOfItem, 1) .then((results) => { let yourItem = results.items; $w('#Image').src = yourItem[0].Image; }); }
  • Tony Liu

雨水の床下浸入

今週は、雨水が床下基礎部分へ進入し、家の下が濡れてしまっている家の治水工事をしました。

排水性のよい配管を用い、雨水をせき止める工事です。

多くの方が雨水の処理にはお困りのようで、色々な現場で工事をさせていただいております。

今回は3BEDのお家で焼く1000ドルのお仕事でした。

工事期間1日

少し、スロープになっているお家で、上の方からの特に表面を通ってくる雨水をできる限り

除去できるように試みました。

具体的には150mmくらい堀りさげ、太さ65mmのDRAIN FLOW PIPE をその中にいれ

その上にざらめ石SCORIAをいれて雨水の通過を促し水をそこに入れやすくします。

その後、最適と思われる雨水用の配管へつなぎます。

簡単な作業のため、材料さへそろえば、DIYでできる作業だと思います。

ただ、その時に注意していただきたいのは、くれぐれも生活廃水にはつなげないように気を付けてください。屋根からの雨水を接続している配管へ接続してください。生活廃水へつなげることは法的に

問題にもなりますため、お気をつけください。

今週、以前同じ作業をした現場へちょうどお伺いしたので、最近の長雨の影響で庭の水溜りの影響を確認しましたが、工事完了後は激しい雨でも水溜りにならないとの事でしたので、改めで

DRAIN FLOW PIPE の効力を確かめた次第です。今週の現場も将来あれからジメジメが

無くなりましたと聞けるのを楽しみにしています。

0 views0 comments

Recent Posts

See All

Copyright © 2019 Japan Homes. All rights reserved.