export function dropdown_OnChange(event, $w) { const indexOfItem = event.target.selectedIndex; $w('#BedRooms').getItems(indexOfItem, 1) .then((results) => { let yourItem = results.items; $w('#Image').src = yourItem[0].Image; }); }
  • Tony Liu

2012年のニュージーランド株式市場(不動産含む)と今後について

KVBのセミナーに参加した。

テーマ 2012年の株式市場(不動産含む)と今後について

まず、2012年の1年間の世界の金融の流れをおさらいしてくれた。

前半に格付け会社S&P社が欧州9カ国、格付け会社フィッチが欧州5カ国

の格付けを引き下げた。

それを受けて、投機先がないためにまたも円高になった。

日本も施策をうり金融緩和を政策を強化する。

5月には欧州の金融の安定を図る目的で資金援助が行われる。

8月、米政府が連邦債務総額が16兆ドルを突破したと発表。

9月、日銀、政策委員会が資産買い入れ等の基金を70兆円から80兆円へ増額。

ながれで動く。

>>

さて、直近2年間のニュージーランドの株の動きはどうか?

NZX50(ニュージーランド重要企業50社)もNZX全体ともに同じ動きをしており、

2年前に比べて右肩あがりに成長しており、30%程度の伸びをしめしている。

>>

NZX 最近の主要銘柄の動き。

水力発電をメインとしているマイティーリバー電量会社の株式発売予定

フォンテラ、

ニュージーランド最大の企業

合計資産150億ドル

供給源は10500酪農株主

世界の乳製品の生産企業の21%を占めている。

過去3年で収益を上げている。

ニュージーランドの基幹産業であり、酪農産業には政府の補助がある。

利益に対する配当が75%などの高配当

などの利点があり、11月30日に発売が予定されている。

その他、

などの有名どころも順調。、

>>

2013年の市場のうごきについて

2013年は、また順調な伸びを示していくだろう。

TRADEMEやターナーズオークションも順調。

いうまでもないが、不動産業界も堅実な伸びをしめしており、

前述のフォンテラや国営企業の売却も4月に控えており、

2013年は、明るい展望という見解を示していた。

>>

建築業界で働く自分のまとめ

来年度の株式市場も、平均で年間9%ー15%などの利益還元などが示すように、

順調に進んでいくだろう。

それに裏付けされるように、建築業界も本当に高い伸びを示していくように

言われているし、感じている。

最近、自社で行っている、投資用不動産の購入は非常に難しく、

不動産市場の加熱しているの現実を見ている。

しかし、投機で必要なことは、熱くなって、高値で購入しないように、

また、いつ市場の加熱が終了してもいいように、

45万ドルから60万ドルの付近までの中間価格帯物件を中心に

冷静さを失わずに、投資を継続する。ということを常に心がける。

また、

「利益を多く出さずに、市場に優遇される価格帯での再販売」

というようなポリシーを決めることも重要であると考える。

岡部

>>> ニュージーランド 日本人 建築会社 ジャパンホームズ 代表 岡部 雅彦 新築、増築、改築、から不動産投資、ランドスケープまで住宅に関することは お気軽にお尋ねくださいませ

0 views0 comments

Recent Posts

See All

Copyright © 2019 Japan Homes. All rights reserved.