• Tony Liu

1、土地分割の可能性牧場地に新築を建てる (不動産投資)

1、牧場地に新築を建てる

牧場地に新築を建てたいということで、8年間牧場に住んでいた自分は正直わくわくした。

お客様はとりあえず、土地を購入したが、家を建てるにあたり、ほとんどの何も情報を

持っていない状態で、することや金額についても一般的な知識とは少しずれていた。

そのために、まず、簡単な流れと概算金額の流れを知りたいという話になった。

工事をする前に調査が必要な作業は実は、下記になる。

もちろん専門家に任す作業になる。

Sewer

Storm water

Water Main

Power/Telecom

Driveway

(crossing-exclusive drive)

Septic tank

Miscellaneous

Surveyor

New house structural Engineer

Geotechnical possible

Stomwater study

Sewer study

Possible Easement Surveyor/Legal

Arborist

Draftsman

Design & process fee R/C

Design & process fee B/C

Council Fee (R/C)

Council Fee (B/C) new

Development Levy

Storm water Contribution

Sewer Contribution

Water main Contribution

Water Quality Contribution

Reserve Contribution 6% of Total

これらが、通常 ライフラインの工事なども含めて10万ドル近い数字になる。

その後、家を建てる費用。今回のケースは 合計で約200m2を希望していたので

約30万ドルくらいの概算費用を見積もりした。

合計で40万ドル近くの費用になる概算見積書を作成した。

このお客様に限らないが、予算が折り合いがつかない。。。

ここから、どのようにしてお金を用意するか、また、どのように土地を活用していくかが

必要になってくる。

この土地は土地分割の可能性を秘めているので、そこを考慮して

ライフラインの設置

最初の家の場所、

最初のビルディングコンセントの方法

などなど色々と最初に戦略を考えなければならない。


>>>

ニュージーランド 日本人 建築会社 ジャパンホームズ 代表 岡部 雅彦

新築、増築、改築、から不動産投資、ランドスケープまで住宅に関することは

お気軽にお尋ねくださいませ

0 views0 comments

Recent Posts

See All