• Tony Liu

8-1/2012 今週の現場

8-1/2012 今週の現場

3件の商業物件、2件の住宅改装を去年年末より動いていましたが、

年末の業者の休み、従業員の休み、工事の最終局面などが重なり

かなり忙しかった週でした。

1、年末の各業者への段取りについて

毎年、年末は各業者がしまることになり、日程調整を組むことが難しいのは

4年目の今回は理解しているつもりでいました。

しかし、1件の商業物件で現状は自分が納得しない結果に終りました。

90%以上完了でき、もちろんお店は開店する状態にはもっていけましたが、

もっと、注意深くしていればより高い次元の結果を出せたと思い、

年始から残念な気持ちです。

しかし、逆にこの気持ちを年始よりもてたことに感謝して

今年も色々な人にお役に立てるように創意工夫をしていきます。

要因は1点です。

自分が最後の詰めまで介入して「裏づけ」をしなかったこと。

そうすれば、どの業者がいつにしまり、いつまでに決めないと

材料が搬入されないので、選択肢はこれしかないなど、的確なアドバイスが

出来たと思います。

いつも、金額と納期の2大重要素を基礎に色々と打合せを進めることが重要。

2、一般住宅改装打合せ

今週は、電気、DATAケーブル取り付け打合せ

2件分くらいの大きな物件のために、打合せ時間も通常物件の2件分の時間がかかっています。

その分、お客様、弊社ともに打合せ終了時はエネルギーを使い少し疲れが

見えるくらいで、そうなるといくら綿密に思っても伝達ミスが起こる可能性が高いので、

より、注意して打合せ、中間確認、最終確認をする必要があります。

実際に、自分達が指示した配線と今回業者が配線していたケーブルが

違うものでお客様を驚かす結果になってしまいましたが、「完全に電気業者のミス」

によるものなので、交換という結論にいたることになりました。

>空いているスペースに3枚扉のワードローブ新設 

扉は鏡のために部屋が広く見える

いつでも、ファッションチェックができる

中にはオルガナイザー(整理棚)

大きさは 約 3m X 2.4m 

3、商業物件の2分割工事

ビルディングコンセント認可に半年近く待ったのではないかと思う

商業物件をようやく年末に開始でき、年末にはぎりぎりで

2F部分の重量がかかる基礎確認のためのインスペクションをパス。

同日に水道検査のインスペクションもパス。

その後、かなりディナーエリア(お客様食事エリア)が大きな物件のために

時間短縮、機材の移動場所、作業場所の確保を考慮して

ディナーエリアを先に工事完了をさせるという手順を組む。

今年になりやっと、業者が開き、

2F部分を支えるための250mm鉄骨を入れ込む

今週にディナーエリアのペイントが完了。

来週10日には基礎フレームのインスペクションの予定があり、

そのために細かい大工作業も行いました。

4、商業物件 キャビネット取り付け

学校移転に伴い、多くの既存キャビネットの取り外し、取り付け作業を行っています。

ごみ削減、経費削減を含めて良い効果だと思います。

しかし、ただ、外して、ただ付けるだけという簡単な作業ですが、

全く同じ場所で同じ組合せではないので、そんなんに簡単にはいきませんでした。

また、引越し業者さんの素晴らしい配置のために、大きな商業物件でどこに

なにがあるのかを探すのも1仕事という感じになっています。

ただ、取り付けた後にキャビネットをみるとやはり爽快感があります。

新品のほうがもちろん、見栄えはいいかもしれませんが、前述したような

ゴミのことを考えるとやはりなるべく出したくない、

「古物再生」という気持ちが嬉しいからでしょうか。


>>>>>>>>

ニュージーランド 日本人 建築会社 ジャパンホームズ 代表 岡部 雅彦

新築、増築、改築、から不動産投資、ランドスケープまで住宅に関することは

お気軽にお尋ねくださいませ

0 views0 comments

Recent Posts

See All