export function dropdown_OnChange(event, $w) { const indexOfItem = event.target.selectedIndex; $w('#BedRooms').getItems(indexOfItem, 1) .then((results) => { let yourItem = results.items; $w('#Image').src = yourItem[0].Image; }); }
 
  • Tony Liu

A dog with a tenant and an electric company vol. 2 犬と賃貸人と電気会社と2


Cancell

At last 12 days have passed. It means we can lawfully do “Cancellation of contract due to buyer’s default” that we have never heard anyone around me and lawyers has done. We will have no chance to meet the buyer in the future too. But we need to do one important thing. It’s CAVEAT. Otherwise he can sell the property again to a third party although he has to refund the deposit we paid and solve the reparation due to this cancellation. So we have properly done the Caveat and legally arranged the “Cancellation of contract due to buyer’s default.” However it’s not an end yet. A few days later, my phone showed a call from a person who I registered into my contacts. Surprisingly he was the buyer so we have known each other… He helped us when we purchased and sold properties for many times before, and this was his own first time to invest a property but he was struggling the trouble that the tenants wouldn’t leave. And he wanted me to keep the current contract but the answer was “NO” because of the market opacity and uncertainty for the tenants.

Today the deposit were safely back. There were hardly any reparation… However, listening the opinions from our lawyer I hope this was a good deal that I got the deposit back. There are lots of properties in Auckland so we will still keep looking for more development properties including renovation with leaky walls.

先日、12日が経過してしまった。弁護士や知り合いに聞いても誰一人としていなかった「売主側の過失による契約の破棄」が法的に執行することができる。今後もお会いすることはないのかと思う。ただ、その前に重要なことをする必要がある。それは、CAVEAT(差し押さえ)をつけることがである。これがないと、売主との契約は破棄になったので、両者の間では、DEPOSITの返金とそれに対する損害費用の賠償の問題はあるが、第3者へ販売をすること自体は可能であるからである。

しっかりと、CAVEATをつけて万全にしてから、合法的に、「売主側の過失による契約の破棄」を成立させた。

それだけでは、まだ、終わらずに、数日後、携帯電話に登録がある人間から連絡があった。なんと、売主は自分の携帯に登録がある間柄であった。。。。。彼は、過去に何度も不動産売買をするたびに協力をしてもらっていた業者で、今回は、初めの不動産投資だったようだが、いきなり、賃貸人が出ていかないというトラブルに巻き込まれていた。そして、彼は、「現行の契約を維持してほしい」ということであったが、マーケットの不透明感や賃貸人がまた、戻ってくるのではないかなどの不安もありもちろん、回答は「NO」である。

本日、無事にDEPOSITの返還された。損害の要求などは、ほとんどなかった。。。。。しかし、担当弁護士を含む意見も含め、DEPOSITが戻ってきただけでも良いDEALだったということにする。まだまだ、これに懲りずに雨漏り外壁を含むリノベーションを必要とする物件はオークランドにたくさんあるので、リノベーションを含む開発物件を探していこう。

0 views0 comments

Recent Posts

See All