export function dropdown_OnChange(event, $w) { const indexOfItem = event.target.selectedIndex; $w('#BedRooms').getItems(indexOfItem, 1) .then((results) => { let yourItem = results.items; $w('#Image').src = yourItem[0].Image; }); }
 
  • Tony Liu

The answer to Auckland’s housing crisis – Hamilton?


housing-hamilton

Four bedrooms in this new Hamilton subdivision begin at $430k – look at this one. It’s 200m2 and sits on 647m2 of land and it comes with a 10-year guarantee. The subdivision is 500 metres to the local supermarket, less than 1km to five primary schools, a high school and pre-school centres.

I’ve seen similar houses in Auckland’s Central West, about 11kms from the city, starting at $870k. Who can afford that? Not many people and it’s certainly not affordable housing.

It’s time people lived outside of Auckland; it’s time we promoted the regions as a good place to live. It’s also time we said to immigrants, if you’re coming to New Zealand, take your skills and businesses into the regions, into Hamilton, Whangarei, Napier, Palmerston North, and Timaru.

Though, we can’t push this unless we solve the transport issues at the same time. I drove from Hamilton to Auckland last Friday afternoon. We came to a standstill at ‘Tip Top Corner’ on the Southern Motorway, again in the city, then again in Albany because the Blues were playing. The motorway into and out of Auckland is a nightmare. It’s seriously past time to consider fast rail from Hamilton to Auckland.

More than 10,000 people signed a petition recently to fast-track fast rail from Hamilton to Auckland. Imagine what fast rail from Hamilton could do for those working in Auckland and Manukau? It would go some way to solving Auckland’s housing crisis.

So let’s start thinking outside the square. Auckland is bursting at the seams. Let’s invest in rail, let’s boost the provinces and at the same time solve Auckland’s housing crisis and transport woes.

【Japanese】

オークランドは、3年間にわたって39,000戸の住宅の建築を承認している。 しかし、「Auckland Housing Accord」の初年度すでに9か月が経とうとしているが、いまだに初めの一軒すら完成していない。というよりも、建設が始まったかどうかすらまだ確かでない状況である。私はLen Brown氏および住宅建設相のNick Smith氏に伺ってみたが、両者とも把握していないそうだ。

ということで、私の考えを再度述べたいと思う。人々はHamiltonに住むべきだ新しい3ベッドルームの住宅が$390kからの価格で販売されているのをHamiltonで見つけたが、この金額ではオークランドでは何も買えないだろう。

Hamiltonの分譲地に建てられた4ベッドルームの新築住宅は$430kからで売りに出されている。敷地面積647㎡、平面積200㎡の大きさで、10年間の保証がついている。その分譲地は地元のスーパーマーケットから500mの距離で、5つの小学校、高校、そして保育園から1kmのところにある。

オークランドで似たような住宅を見たことがあるが、中心部の西で市街からは11km、販売額は$870kからである。購入できる額?いや多くの人にとってはそうでないし、もちろん値頃感の良い住宅ではない。

オークランド外で暮らす時に来ているのだ。オークランド以外の地方を、同様に暮らしやすい地域として促進していく時期に来ている

また同時に、移民者たちに対しても、もしニュージーランドに来るならばそのスキルやビジネスを地方に持って行くように促す時期にきている。HamiltonやWhangarei、Napier、Palmerston NorthやTimaruといった地域である。

しかし、交通問題を解決しない限り、これを促進することはできない。私は金曜日の午後、Hamiltonからオークランドまで車で行ってみた。すると、’Tip Top Corner’ があるSouthern Motorwayで渋滞にはまり、そして市中心部で再度はまり、そしてAlbanyでもまた渋滞にはまった。オークランドのMotorwayへ入るにしてもそこから出るにしても、まるで悪夢のようである。本気でHamiltonからオークランド行の列車を走らせることを考慮するべきである。

最近、10,000人以上がHamiltonからオークランドへのファストトラック列車に関する請願書に署名した。オークランドやManukauで勤務する人々にとってHamiltonからの列車はどんなに多大な意味をもたらすのか想像してみると良い。これによりオークランドの住宅危機に対して何らかの解決策が生まれるかもしれない。

枠組みにとらわれずに考えよう。オークランドは溢れんばかりである。列車に投資し、地方を活性化し、そして同時にオークランドの住宅危機や交通難を解決しようではないか。

原文:http://www.radiolive.co.nz/Duncan-Garner-The-answer-to-Aucklands-housing-crisis—Hamilton/tabid/674/articleID/46463/Default.aspx

#不動産 #Realestate #Hamilton #Auckland #property

0 views0 comments

Recent Posts

See All